Blue Baobab Africa ブルーバオバブ アフリカ

そろカフェ そろでも。そろりそろりと。そろそろね。Cafe Bar, Gallery, Library & Gathering Place

★新企画、豆持ち込みカフェ★

更新日:

新企画、豆持ち込みカフェです。

コーヒー豆の持ち込みokにしてみました。
豆はあるけど家に豆を挽く機械がないとか、人にコーヒー淹れて貰いたいとか、自分の選んだ豆でカフェで飲みたいとか理由はいろいろ。

初回の今回はマカダミアのフレーバー豆でした。シロップなしでこんなに甘い香りがするなんて!


料金はドリップコーヒーと同じになりますが、2-3杯分淹れるのも大丈夫です。気になっている豆がおありの方はぜひ持ち込んでくださいませ。

コーヒー好きが各自好きな豆を持ち寄って薀蓄を語りまくる会なんかもできたら楽しいなあと考えてます!

2017/10/29 追記:

なんだか「コーヒー豆 持ち込み」とかで検索して来られる方が多いみたいです。

家では豆挽けないけど、豆を買ってしまった、貰った、という方が多いんでしょうか。

たまたまゲットした豆のためにコーヒーミルを買うのもなあ、と思う気持ちは分かります。私もお土産で珈琲豆を頂き、どうにもできずに台所の隅に眠らせていたことがあります。

この記事の珈琲豆持ち込みOKというのは、店で飲んで頂くための持ち込みでしたが、困っている方が多いようでしたら、「豆を挽くだけ」サービスもやってみようかと思います。

料金300円で50gの豆挽きます。家庭用ミルなのであまり大量の豆だと難しいのですが。ご希望の方は出来れば事前にお問い合わせページから豆の量といつ頃いらっしゃるかをメッセージ頂ければと思います。

2017/10/7 追記その2:

いっそのこと、コーヒーミルを買ってしまって良いかも、という気持ちになってきた方へ、おススメのミルもご紹介しておきます。

まずは家庭用ながら本格派のカリタのコーヒーミル、ナイスカット。お店ではこれの赤いのを使っています。知り合いのベテランコーヒーショップのオーナーさんにおススメ頂いて使っていますが、文句なしです。

そんなに本格的でなくてもなあ、という方には手動のミルもあります。お値段的にも、置き場所的にも手軽です。

これもお店に置いています。当店で珈琲会イベントを開催してくれている珈琲部部長Y氏が持ってきてくれました。

当店で「自分で豆を挽いて自分でドリップする」珈琲メニューがあるのですが、その自分で豆を挽く時はこれを使っています。

-Blog, Shop info

Copyright© Blue Baobab Africa ブルーバオバブ アフリカ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.