Blue Baobab Africa ブルーバオバブ アフリカ

そろカフェ そろでも。そろりそろりと。そろそろね。Cafe Bar, Gallery, Library & Gathering Place

【イベントレポ】2017/10/20 自分は良く知ってるけど他の人はあまり知らないことを披露する会 vol.2

投稿日:

2017/10/20 金曜夜、「自分は良く知ってるけど他の人はあまり知らないことを披露する会 vol.2」を開催しました。

当日は生憎の雨、そしてFacebook、Meetup、Peatixでの事前予約はほんのわずか、ということで、最悪登壇者の3人のみの参加というケースも予想していましたが、始まってみたら続々と人が。一時は席が足りないくらいでした。ありがたや。

まずはお1人目のMika.I さんの「マンションコンシェルジュの日常」。

自己紹介でマンションコンシェルジュをやっているというと、大抵「マンションコンシェルジュに初めて会った」と言われることから、レア感を感じ、話をしたいと思ったそう。たしかに私も初めてお会いした時、え?どんなことするの?どんな人がいるの?って質問攻めにしたくなりましたよ。

お話の内容は、オフレコの部分もありそうなので具体的な記述は避けますが、皆さんやはり興味深々のようで、質疑の時間も突っ込んだ質問が続いていました^^

 

お2人目は T. Akutsuさんの「サウスダコタのインディアン」のお話。

資料がほぼ残っていないそうで、調査が大変だったとのことですが、面白いお話でした。調査された話とサウスダコダに住まれていた経験と見解が良いバランスで、過度にインディアンに肩入れしている訳ではなく。

インディアンと政府のパイプライン建設を巡る訴訟の件とか「興味を持って見守っています」って仰っていて、日本でインディアンのパイプライン建設の戦いに興味を持っている人って一体何人いるのだろうか?と少々感動しました。「インディアン研究家」と自称してもよいのでは。。

質疑でも「インディアン調査のためにサウスダコダに行かれたんですか?」という質問まで飛び出して。(実際は留学のためにサウスダコダに行かれた、というのが理由。インディアンはたまたまその地に居て、興味を持たれた様子)

よいお話でした。

 

三人目はNoriaki さんの「カナダ移住計画」。

自分で調べたカナダ・移住についての情報と、自分の状況を織り交ぜながらのお話。具体的なお役立ち情報も多く、スライドの写真を撮られてる方もいました。

以前からカナダに移住する、とは聞いていましたが、もう来年4月から向こうに行くことも確定しているようで、具体的に話を進めている姿に感心すると共に、少し寂しくなってきました。。

最後は参加者全員に感想をお伺いしたのですが、海外志向の方も多い一方で、日本拠点で出来ることももっとある、という主張の方もいらっしゃって。どっちが正しい、何が正しい、という話では無いと思うのですが、色々な意見を聞くと惑わされてしまう(笑)。
私はずっと日本オンリーで生きてきたので、将来的には海外に住んでみたいなあという気持ちがあるのですが、ぼやんと考えてるだけでなく具体的な行動を取らなくてはというのと、日本でもやれることが沢山あるのでやるべきことをやらなくては、とハッパかけられたようでした^^

-----------

参加者の方に「登壇者はどうやって探してるんです?」と聞かれましたが、今の所皆さんお店に来てくださるお客様です。お店でおしゃべりしてる中で「面白いなー、この話もっとみんなに聞いてもらいたい」と思うことが度々あり、そんな流れで登壇のお誘いをしています。が、立候補も歓迎です。

今回は事前予約の少なさに、今後もこの会を続けていくか迷ってましたが、「第一回目に参加して面白かったのでまた参加した」という方がお2人程いらっしゃって嬉しかったので、また開催するかもしれません。登壇ご希望の方はどうぞご連絡ください。初めましての方でも歓迎です。

写真はこの一枚しか撮ってなかったですが、登壇者のお話が終わった後のディスカッションタイム。もう1テーブルありました。こうして見ると女性が多めだったかな。


アマゾンで「移住」本を検索すると、地方移住の本なんかが多いですね。いまプチブームですよね。
http://amzn.to/2gzXY8H

-Blog, Event

Copyright© Blue Baobab Africa ブルーバオバブ アフリカ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.