Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

神谷町のお1人様歓迎のそろカフェです。東京タワーの麓でアフリカとメンタルヘルスと色々のごちゃ混ぜを。

BOOK お知らせ

1人読書会:「【中東大混迷を解く】 シーア派とスンニ派 (新潮選書)」池内 恵 :まだら状の秩序という曖昧さが中東

投稿日:

この辺の歴史や状況に馴染みが無いので、ザーッと読むだけだとイマイチ頭に入ってこない。

「中東問題はよく言われるような宗派対立ではない」という強い主張をしているが、それは細かい言葉の定義の違いで、

宗派対立という説明もあながち間違いでは無いように思ったし、そんなに否定しなくてもいいんじゃないのーという感想。

前半は「よく○○と言われるが・理解されているが、そうではなくて△△」という説明の仕方がとても多くて、

たいした予備知識や強い見解を持たずに読んでいると

一般的に考えられている(と言われてる)ことの理解 ⇒ 著者の意見の理解、と2段階で理解しないといけないので疲れた。

普通に著者の見解・説明をメインに据えてもらう方が読みやすそう。

最後の方に、中東は今後西欧化するのか、中東独自の存在になるのか?という問いが出てきて

「そうそう、それが疑問だったよ!」と俄然興味が湧いた。

主に考えていたのはアフリカについてなのだけど、

西欧化を進むのか、彼ら独自のスタイルを貫くのか、という課題。

つい先日知人とそんな話をしたときには

「資本主義社会に参入してきている以上、西欧化は避けられない」という意見があって

そう言われればそうかなあ、でもなあ、と思っていたところで再度このテーマ。

著者の結論としては「まだら状の秩序」。

一枚岩でなく、一言でどちらかになる訳でもなく、という曖昧さに納得。

アフリカもそんな感じだろうな。

(まだらと言われると、どうしても”まだらの紐”が浮かんでしまう。ホームズね。

英語タイトルだとThe Adventure of the Speckled Band by Arthur Conan Doyle。

speckleは斑点。斑点とまだらって同じものだっけ。つながってなかった。って余談でした。

https://ejje.weblio.jp/content/speckle )

-BOOK, お知らせ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2018 All Rights Reserved.