Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

神谷町のお1人様歓迎のそろカフェです。東京タワーの麓でアフリカとメンタルヘルスと色々のごちゃ混ぜを。

BOOK お知らせ

1人読書会:「ローカル線―なつかしくて、あたたかい風景」遠藤純:癒されるけど、気持ちがざわつきもする本。

投稿日:

字を読むには少々疲れている気がしたので、

なにか写真系を、と思って図書館の写真本コーナーで手に取った本。

「なつかしくて、あたたかい風景」と表紙にあったけど、その通り。

長閑な自然と古ぼけた車両が美しい。

でも廃線になったという記述も多い。

利用者減で仕方ないのだろうし、そもそもよくこんな短い路線作ったな、バスで良かったじゃん、とも思うが、

そういう時代だったのかな。

雪にまみれた雪国の路線なんてメンテの苦労を思うと、

こんなことしなくてもいいのにと思ってしまう。JR北海道みたいな大きい所でも苦労してるものねえ。

綺麗な風景と列車の写真で癒される感覚と

消えていくだろうものに対する切なさと(写真自体、1980年代とか90年代の古いものもあり、昔の空気感がある)、

頑張っても報われる訳ではない、永遠には報われ続ける訳ではない労力とを思って、

複雑な気持ち。

なんだか気持ちがざわついた。

ここ最近、旅行や自然から遠ざかってたからか、こういうのを受け止める下地が無くなってるのかもしれない。ピアノなんかも久々だとこんな感覚になる。上手く受け止められなくて、気持ちがしっくりこない。干からびてたみたい。なんとかしたい。

でも本自体は良い本だった。

-BOOK, お知らせ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2018 All Rights Reserved.