Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

神谷町のお1人様歓迎のそろカフェです。東京タワーの麓でアフリカとメンタルヘルスと色々のごちゃ混ぜを。

AfricaNews イベントスケジュール/ブログ

2019年6月3週目のアフリカ最新ニュース:ボツワナのゲイ法からブハリ計画、タンカー攻撃、ウィッグ課税、米増便、国名の意味、アフリカビジネスサミット開催まで

投稿日:

2019年6/12-6/18に取り上げたアフリカ最新ニュースです。
Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

#アフリカ 176 2019/6/12
【ボツワナの高裁がゲイ禁止法を廃止に】

あちこちでニュースになってましたが、ボツワナで同性愛OKに。予想されていた判決だったようです。
少し前にはケニアでは同性愛禁止法維持の判決が出てましたが、地域性ですかね。

アフリカで一番最初に同性愛合法化した南アフリカ、その近隣のボツワナやアンゴラ、モザンビークといった南部アフリカ国はOKが増えましたね。
南部と比べて東アフリカのケニアは保守的ということかしら。
---
ボツワナ高裁は合意の上でも同性愛関係を違法とする法律を否決した。
ボツワナ刑法164条では同性愛関係は最大7年の懲役となる犯罪であった。

この裁判は3月にボツワナ大学の21歳の学生Motshidiemang氏が起こしたもので
社会は変わってきており、同性愛は広く受け入れられていると訴えていたと
Tswanaタイムズは報道した。

3月に裁判所は、匿名の原告が刑法の2つの条項に挑戦しているとして判決を延期していた。
ボツワナは、この数年でゲイ禁止法を廃止したアンゴラ、モザンビーク、セーシェルなどの国に加わった。

数週間前にはケニア高裁では同性愛法の廃止を認めない判決を出している。

Botswana: High Court Scraps Anti-Gay Laws
https://allafrica.com/stories/201906110397.html

#アフリカ 177 2019/6/13
【10年で1億人のナイジェリア人を貧困から救うという野心的なブハリの計画】

ブハリ氏は写真がいつもチャーミング(死語?)なので
つい見ちゃうのです。
若い時の写真とかも良いのですが、
ブハリ写真を沢山見てたら、どこかに出てた娘さんがすごい美人でした。

2期目の就任式で演説しなかったと言われてましたが、
ようやく演説したようです。
人口増加率が経済成長率を上回っていて貧困に苦しんでいるとのこと。
---
ナイジェリアのブハリ大統領は水曜に、経済回復とインフラ整備で1期目の成功を再び起こすとした。

ブハリは今年2月に投票率56%、実質36%だった選挙で再選した。
政府は以下の公約を果たしたという点で1期目は大きな成功を収めたとしている。
・景気後退からの回復
・Chibokの誘拐された学生救出を含む、ボコハラムとの戦いで成功を収めた
・道路、鉄道建設などインフラ整備
・農家への貸付

「過去4年での成果を強化することが今期のテーマだ」と76歳の前・軍事リーダーの大統領は
先月の再就任以来初の公式演説で述べた。

批評家はブハリの1期について、健康問題で長期間不在だったこと、
経済復興が石油価格次第であることを批判する。

ブハリは「この4年で確実な進歩を遂げた」と1999年の民主化を祝う場で述べた。

●ブハリ2期目のプラン

ブハリは今年2.7%の経済成長を遂げるとしているが、3月の中央銀行の3%との予測を下回る。
「10年で1億人のナイジェリア人を貧困から救う」と約束する。

道路を作り、電力網を直し、その他インフラも作るという。
農業支援も強調した。
「経済が不平等な形で伸びれば安全懸念は増す。社会やインフラ投資で不平等を減らせば安全懸念は減る」

2017年の景気後退以来、ナイジェリア経済は停滞している。
経済成長より出生率の伸びが大きく、人々は貧しくなっている。

ブハリはナイジェリア通貨を強くするための外国為替疑惑の人物でもある
中央銀行総裁Emefieleを再指名したが、方針は変えないとしている。

そして暴力は広がり北西州、北東州、中央州で広く脅威となっている。
ブハリ統治前はここまで酷くはなかった。

汚職反対活動家で政敵が言うには、ブハリの政敵の汚職だけが取り締まられており、
ブハリ派はまず起訴されないという。

Ambitious Buhari plans to lift 100 million Nigerians out of poverty in 10 years
https://www.africanews.com/2019/06/13/ambitious-buhari-plans-to-lift-100-million-nigerians-out-of-poverty-in-10-years/

#アフリカ 178 2019/6/14
【オマーン湾での石油タンカー攻撃で米国はイランを非難】

今日は中東の石油タンカー攻撃の話を。
UAEの湾岸ニュースやカタールのアルジャジーラではトップニュースですが、
Africanews やAllafricaだと扱ってないですね。

また、米国vsイランの対立話になってて、
安倍さんはちらっと出て来るけど、日本のタンカーという情報はほぼ出てないみたい。

しかし広い海で大きなタンカーが黒煙という絵は
不謹慎ながらキレイだなあと。
---
米軍は木曜に、同日に攻撃された2隻の石油タンカーの一つから
イラン革命監視隊IRGCが不発水雷を取り除いているという動画を公開した。
また取り除かれる前の水雷の写真も公開した。

「現地時間午後4時10分にIRGCの監視船がM/T Kokuka Courageousに近づき、
船から不発水雷を取り除いている所が確認された」と米国海軍広報官は声明を出した。

●イランは米国の非難を否定
イランは6月13日の石油タンカー事件について木曜夜に
米国の非難を根拠の無いものとして強く否定している。

●英国はイランを”あまりに賢くない”攻撃だと警告
英国はオマーン湾の攻撃についてイランに責任があるという見方をしており、
英国外相はイランのこの行動を”あまりに賢くない”と警告している。

「すでに大きな緊張状態の時期に起きたことを非常に懸念している。
米国国務長官ポンペオ氏とは連携をとっているが、我々でも慎重に調査をするつもりだ。
しかし我々は米国の主張を信じている」

●米国は現場へ駆逐艦を派遣
米国は中東の新たな衝突に関わるつもりは無いが、航海の自由を含めアメリカの利益を守るだろうと
米海軍は述べ、現場へ駆逐艦を派遣した。
米国中央司令官は声明で、駆逐艦USS Masonは同日早くに現場近くのルートに居たと述べた。
駆逐艦USS Bainbridgeは攻撃を受けたタンカーの近くに居るが、妨害はしないとしている。

●ポンペオはイランを非難
米国国務長官ポンペオは木曜に米国の調査によると、使用された武器と攻撃方法から
この攻撃はイランに責任があると述べた。
しかしこの主張を裏付ける証拠は無いと述べた。

●トランプは米国もイランも交渉の準備は出来ていないと述べる
米国のトランプ大統領は、日本の安部総理がイランを訪問したことを評価している。
しかし、それで米国がテヘランと交渉すると考えるのは時期尚早だと述べた。
「彼らはまだ準備が出来ていないし、我々もだ!」

US blames Iran for attack on oil tankers in Gulf of Oman
https://gulfnews.com/uae/us-blames-iran-for-attack-on-oil-tankers-in-gulf-of-oman-1.1560439635215

#アフリカ 179 2019/6/15
【タンザニアは女性用ウィッグに課税 東アフリカ各国の予算案】

東アフリカの会計年度は7月始まりらしく、予算案が出たようです。
タンザニアはウィッグに課税!大きいマーケットなんでしょうね。

各国支出予算は以下。分かるような分からないような。。
タンザニア 33兆シリング(140憶ドル)
ルワンダ  2兆ルワンダフラン(30憶ドル)
ウガンダ  40兆シリング
ケニア   (なぜか)記載なし
---
タンザニア財務省は女性に人気の国内産及び輸入のウィッグとヘアエクステンションに新たに課税する案を提出した。

2019年度の国会予算を審議するMpango氏は、タンザニア国民には不評になりそうな法案を提出し、議員らから賛同された。
予算が承認されれば、国内産ウィッグは10%、輸入物は25%の税金がかかる。

ウガンダ、ルワンダ、ケニア、タンザニアといった東アフリカの財務大臣たちは木曜に次年度の会計予算を提出した。

●タンザニア予算
2019年から2020年の支出は2%増の33兆シリング(140憶ドル)で、国内市場からの借り入れは4兆シリング。
政府はその他に、譲与ではない追加借り入れを2兆シリング計画している。

東アフリカ3位の経済国は公共インフラに大きな投資をしており、長い海岸線と
経済成長している東・中央アフリカ向けに古びた線路や道路の改修をすることでの利益を見込んでいる。

●ルワンダ予算
ルワンダは2019-2020年度(7月から6月)の支出は11%増で2兆ルワンダフラン(30憶ドル)。
2019年の経済成長は前年に比べて緩やかになる見込み。
Ndagijimana大臣は予算の85%は国内で、残りは外からの助成。
経済は2019年は7.8%成長とされる。2018年は8.6%。

●ウガンダは野心的な予算
ウガンダは2019-2020年度(7月から6月)の支出は23%増で40兆シリング。会計赤字も増加と木曜に財務大臣が予算演説で述べた。

Kasaija氏は国会で2019-2020年度会計赤字はGDPの8.7%で、今月末が会計年度終わりの前年期5.8%より増加と述べた。
政府は2.8兆シリングを国内市場から借り入れる。前年度は2.2兆シリング。
外部ファイナンスは10兆シリングだが、このうちどれだけが借り入れかは明言しなかった。

●ケニア予算
ケニアは会計赤字を減らし、2019-2020年度(7月から6月)会計ではGDPの5.6%、前年は7.4%。
Rotich財務大臣が議会の予算提出で述べた。

財政のギャップは2.8兆シリング(20憶ドル)の国内借り入れで賄い、
2兆シリングは外部借り入れとなると述べた。

Tanzania to tax women's wigs, plus highlights of East Africa's budgets
https://www.africanews.com/2019/06/14/tanzania-to-tax-women-s-wigs-plus-highlights-of-east-africa-s-budgets/

#アフリカ 180 2019/6/16
【エチオピア航空は米国便を増加】

アフリカと米国間で空の便が増便される話。
なんとなくトランプ政策で拡大のイメージは無かったのですが、増えてるんですね。

エチオピア航空がJFKへ週3便新設。
ケープタウンとNYの直行便は年末に始まるそう。
---
米国はアフリカにとって大きな旅行市場の一つなので、便が増えることは
米国旅行者にとってもアフリカにとっても良いことだ。

エチオピア航空は2019年6月17日からアビジャン経由のニューヨークのJFK空港へのフライトを
週に3便開始すると述べた。
この新しい空路でアフリカと北アメリカ間は週に24便となる。

JKF便の他に、既にLome経由のニューアーク空港行きは週に4便運航しており、ニューヨークへは毎日運航している。
JFKは米国で6番目に稼働している空港で、北アメリカへの玄関口となっている。
JFK空港はニューヨークでニューアーク空港についで2番目の空港で
南アフリカを含め、世界120の空港と接続している。

南アフリカのケープタウンは最近、ニューアーク空港とケープタウンの直行便を
2019年12月に開始することになった。

アフリカ最大の航空会社で、Skytraxが4つ星航空と認定したこの航空会社は
ボーイング737-8Maxの事故にも関わらず、便数を増やしている。
3月の149人の乗客および8人の乗務員が亡くなった事故後、Max機の運航は取りやめた。
ボーイングMax8は安全懸念により世界で運航停止している。

エチオピア航空はアフリカで急成長を遂げた会社で
70年あまりの操業で、アフリカ航空業界のハブとなり、アフリカへの玄関口だったドバイを超えようとしている。
エチオピアの新首相による改革とビザの改正が大きく寄与している。

2013年から2018年の調査データによると、アジスアベバは5年連続で
サブサハラアフリカへの海外旅客を増加させている。

CEOのGebreMariam氏は「米国は大事な市場の一つで、アフリカ人ディアスポラ(離散民)が多く、
アフリカと米国の多面的な関係も大事な要素だ。よって新しい便は、米国との関係を拡大させ
アフリカ人と米国旅客のアクセスを良くするものだ。
そのうえ、貿易、旅行、投資、人々の関係にも影響を及ぼす」と述べた。

Ethiopian Airlines increases US air access to Africa
https://www.traveller24.com/News/Flights/ethiopian-airlines-increases-us-air-access-to-africa-20190612

#アフリカ 181 2019/6/17
【世界の国名の文字通りの意味】

スーダンのアル・バシール前大統領が汚職の罪で検察に連れていかれたニュースが気になっていますが、
今日は国名の意味を。

世界各国の国名の意味が分かるマップがあって、アフリカ部分をご紹介します。
ちなみに日本は"日の登る国"。これって国名の意味だったんですね。日本という名にしたのは7-8世紀ごろだそう(たまたま今日読んでた日本史の本に出てきた)。
---

アフリカ篇:
アフリカは文明の発祥地として知られていて、人類の故郷である。
国名は土着文化と植民地の歴史を解き明かすもので、例えばマラウィは”炎の国”という意味で
耕作のために枯草を燃やす地元の習慣を反映している。
アフリカ大陸は探検家が海岸線を分割した。ポルトガル人探検家フェルナンド・ポーは1472年に
Wouri川を探検して沢山のエビを見つけた。彼は”エビの川”とRio dos Camaroesを名付けた。そして今ではそこはカメルーンだ。

上から、
極西:モロッコ
島:アルジェリア
チュニスの国:チュニジア
リブ族の国:リビヤ
フロンティア、未開拓の地:エジプト

緑の岬:カーボベルデ
マウリの国:モーリタニア
我々のカヌー:セネガル
川:ガンビア
黒いビサウ:ギニアビサウ
黒い男の国:ギニア
ライオンの山:シエラリオネ
自由の国:リベリア
象牙海岸:コートジボアール

カバ:マリ
正直な男の国:ブルキナファソ
王の国:ガーナ
水の国:トーゴ
議論の国:ベナン
ニジェール川の国:ナイジェリア
川の中の川:ニジェール
大きな湖の国:チャド
エビの川:カメルーン
アフリカの中央の共和国:中央アフリカ
黒人達の国:スーダン
紅海の国:エリトリア
高原:ジブチ
焼けた顔の国:エチオピア
ソマの国:ソマリア

聖トーマスと王子:サントメ・プリンシペ
黒人の国:赤道ギニア
フード付きのマント:ガボン
山の王国:コンゴ共和国
山の民主共和国:コンゴ民主共和国
カンダ人の国:ウガンダ
白い山:ケニア
ルワンダ人の国:ルワンダ
ルンディ語話者のホーム:ブルンジ
タンガニカとザンジバルの国:タンザニア

ニゴラの国:アンゴラ
大きな川の国:ザンビア
炎の国:マラウィ
ムサ アル ビク(人名?)の国:モザンビーク
広い場所:ナミビア
去った人々:ボツワナ
石の囲い:ジンバブエ
美しい南の国:南アフリカ
ソソの国:レソト
スワジランドの王国:スワジランド

聖なる国:マダガスカル
月の島:コモロ諸島
ナサウ統治の国:モーリシャス
セイシェルの共和国:セイシェル

(マップの文字が読みにくくて、正確性に自信無いですが、
それでも面白いですね!)

World map: the literal translation of country names
https://www.creditcardcompare.com.au/blog/world-map-literal-translation-country-names/

#アフリカ 182 2019/6/18
【1000人以上のビジネス&政府系リーダーが参加するアフリカビジネスサミット】

今日から4日間モザンビークで米国ーアフリカのビジネスサミットが開催されるようです。
東アフリカの大統領たちも登壇するようで豪華です。

やらないよりはやった方がいいとは思うのですが、こういうのって実際どれくらい有益なんでしょうね?
前回のサミットハイライトを見ても、表面的な事しか言ってなくて。重要なことは大っぴらに言えないとは思いますが。。
人が沢山集まるなら、少なくとも経済効果はあるから良いのかな?
---
アフリカ企業評議会CCAは今月モザンビークのマプトで第12回アメリカーアフリカビジネスサミットを
開催する。
リーダー座談会の議題には、アフリカの保健システム強化も含まれ、
自治資金の役割や、サイバーセキュリティへの投資、代替的・複合的金融活動なども語られる予定だ。

サミットのウェブサイトから:
日程:2019/6/18-21
「持続可能な米国とアフリカの関係性を深める」
アフリカ企業評議会CCAとモザンビーク政府は第12回アメリカーアフリカビジネスサミットを開催します。
サミットでは1000人以上のアメリカとアフリカの企業幹部、国際投資家、政府高官、多国間関係者が集まります。
このサミットはアメリカとアフリカのリーダーたちに次のプラットフォームを提供します。
・農業、エネルギー、健康、インフラ、ICT、金融その他の重要分野
・企業と政府の意思決定者のネットワーキング
・新たなビジネス機会と未来のビジネスパートナーとの出会い
・効果的な米国ーアフリカ間貿易と投資政策

1997年からCCAのアメリカーアフリカビジネスサミットはアフリカでの事業・投資をするには
重要な会議だとされています。
数日にわたる会議では、急速に変化するアフリカの投資・事業モデルを伝え、様々な機会を提供します。

登壇者:ルワンダ大統領カガメ氏、ナミビア大統領Geingob氏、ボツワナ大統領Masisi氏、
マラウィ大統領Mutharika氏、ザンビア大統領Lungu氏、エスワティ二王国のMSWATI三世王ほか。

2017年サミットのハイライトから:
モザンビーク大統領Nyusi氏「アフリカ投資を促進するのに、CCAは重要な役割を果たしている」
米国商務長官Ross氏「我々とアフリカの関係は援助ベースから貿易ベースに変わりつつある」
AFDB社社長Dr.Adesina「アメリカとアフリカの親密な関係は次の投資機会として重要だ。一緒に大きくなろう」
「1つの場所で様々な企業や政府高官と関係を築けるなんて他にあるかい?」

1000+ Business & Government Leaders to Attend #AfricaBizSummit
https://allafrica.com/view/group/main/main/id/00068216.html

◆ニュースソースは基本的に以下をチェックしてます。




https://www.theafricareport.com

時々聞かれますが、このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース3サイトから気になるニュースを選んで1時間ほどで自分で日本語に訳して投稿してます。

なので翻訳精度は怪しいですが、鮮度は良いかと。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。

記事に対するコメント、ご意見は歓迎ですし、元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!

「ゆるさが無いけど他の人がやってるの?」と言われましたがw、基本ワンオペでやってます。応援は嬉しいです。

-AfricaNews, イベントスケジュール/ブログ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2019 All Rights Reserved.