Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

神谷町のお1人様歓迎のそろカフェです。東京タワーの麓でアフリカとメンタルヘルスと色々のごちゃ混ぜを。

AfricaNews イベントスケジュール/ブログ

2019年10月4週目のアフリカ最新ニュース:観光ランクからファーストレディ会、熱いノリウッド、サファリコムCEO、大統領夫人の不妊ソング、ケニア起業Twiga、洪水と干ばつまで

投稿日:

2019/10/23-10/29 に取り上げたアフリカ最新ニュースです。
Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

#アフリカ 317 2019/10/23
【ロンリープラネットによるアフリカ旅先トップ3】

海外の旅行ガイド・ロンリープラネットのアフリカ旅トップ3!
変わったランキングで、エスワティニは南アの中にある国ですね。リベリアは西の海側。

世界トップ10もマイナー国のような。行ってみたい
---
・エスワティニ、リベリア、モロッコが2020年に訪れるべきアフリカトップ3
・話題になる、ユニークな体験ができる「ワオ!」という視点で旅行ガイド会社が選んだ

・エスワティニ:公園や保護区の自然風景。新空港や道路インフラも良くなった
・リベリア:西アフリカ有数の熱帯雨林に美しいビーチ。
・モロッコ:整備されたインフラとアフリカ最速の鉄道。
 サステナブルでスタイリッシュな宿とレストラン、ヨガやサーフィンなどリトリートのできる海岸設備

ロンリープラネットの世界トップ10
1.ブータン
2.英国
3.北マケドニア
4.アルバ
5.エスワティニ
6.コスタリカ
7.ネザーランド(オランダ)
8.リベリア
9.モロッコ
10.ウルグアイ

Africa: 3 African Countries Rated Top Destinations by Lonely Planet
https://allafrica.com/stories/201910220644.html

#アフリカ 318 2019/10/24
【アフリカのファーストレディの会 コンゴ婦人が会長就任】

アフリカのファーストレディ会の会長にコンゴ婦人が就任した話。

アジアのファーストレディ会とか欧州会とか聞いたことないですが、あるんでしょうかね?
---
・コンゴ共和国のファーストレディ、Antoinette Sassou Nguesso氏が
 開発のためのアフリカファーストレディ組織の会長の選出
・前会長のブルキナ婦人から引き継ぐ
・副代表はジンバブエ婦人
・8人のファーストレディからなる運営委員会を率いる

・2002年設立、当初はエイズ対策が目的。
・ファーストレディという立場を生かして、主に女性子供のための活動を行う

Congo's Antoinette Sassou new president of African First Ladies group
https://www.africanews.com/2019/10/24/congo-s-antoinette-sassou-new-president-of-african-first-ladies-group/

#アフリカ 319 2019/10/25
【Canal+とNetflixがノリウッドに熱視線】

ナイジェリア時代劇の撮影中?というような写真ですが
ナイジェリアの映画業界ノリウッドに
外国投資が増え、一層盛んになりそうという話。

映画学校でドローン撮影教えるとか、ハリウッド講師を迎えるとかスキルアップも盛んで、
日本でも普通にノリウッド映画公開!とかなったら面白いですね。
---
・フランス大手メディアのCanal+が、ラゴスの制作会社ROKフィルムスタジオを歴史的な金額でこの夏買収
・アフリカ最大の動画サブスクリプション会社IROKOtvから買収
・「5年で設立して売却という新しい戦略の一つに」by 創設者
・制作量で世界で2番目、収益で3番目の業界となった
・ナイジェリアのエンタメ業界は2016年でナイジェリアGDPの2.3%と大きい
・2020年までに10億ドルの輸出目標
・中国TVもノリウッド映画を中国に輸入
・アフリカのフランス語圏でのフランス語吹き替えのノリウッド映画も人気
・ブロードバンド、スマホの普及、データ通信料の低下でサブスクが大きく伸びている
 ->ガーナ&ラゴスのコールセンターに投資して人員を増やし、サブスクリプションをもっと伸ばす計画
・ナイジェリアの映画学校ではドローン撮影や3Dアニメのコースも 
  ハリウッドからの講師も。卒業生は英米の映画業界へも
・Netflixはノリウッドの人気番組の権利を購入 世界1.5億人の顧客に提供可能に
->業界の競争激化中

Canal+ and Netflix eye Nollywood opportunities
https://africanbusinessmagazine.com/region/west-africa/canal-and-netflix-eye-nollywood-opportunities/

#アフリカ 320 2019/10/26
【サファリコムが新CEOを任命】

亡くなった前CEOに変わり、サファリコムの新CEO決定!
ケニア政府が介入したせいなのかケニア人の方。

ナイロビ大学->ロンドンビジネススクール->欧州大手飲料会社で社長だった方。エリートですね
記事内に写真がありましたが結構若そう。
---
・ケニア国籍のPeter Ndegwaが新CEO
・サファリコムは東アフリカ最大の携帯通信会社で高利益の会社
・ガーナ生まれ、英国育ちの前CEOのCollymore氏の癌による死去に伴うもの
・Ndegwa氏はギネス、ジョニーウォーカー等の世界最大飲料会社Diageo ヨーロッパで
 マネージングディレクターを務めていた
・ロンドンビジネススクールのMBA、ナイロビ大学の経済学士を持つ
・ケニア政府もケニア人のCEO就任を歓迎
・サファリコムはボーダホングループの子会社
・外国籍の人の検討もあったが、政府が反対していた。前CEOは後継者の国籍には拘らず

Safaricom names new CEO
https://africanbusinessmagazine.com/region/east-africa/safaricom-names-new-ceo/

#アフリカ 321 2019/10/27
【ブルンジのファーストレディが不妊で揉めないように歌を発表】

ブルンジの大統領婦人が不妊問題の歌をリリース。

DVちっくなシリアスで重い寸劇から始まり、平和な歌に続く5分ほどの動画。
男性に妻を責めないよう、不妊は女性だけの問題では無いし、女性は出産だけの存在ではないと歌ってる(らしい)。

子どもを産まない女性への風当たりの強さは日本の比ではなさそうですが、言って聞かせるだけでない、こういうアプローチが上手く行くと良いなあと思いますね。

婦人の見た目はなかなかの迫力でスゴイ。

動画はこちら。5分弱
https://www.facebook.com/watch/?v=413639632631942
---
・ブルンジの大統領夫人Denise NkurunzizaさんがSNSで歌をリリース
・ブルンジ男性に、子供が出来ない時に女性を責めないよう諫める歌
・タイトルは「女性は子供を産むだけの存在ではない」
・夫人は精神的、肉体的に妻を虐待する男性のカウンセラー役
  男性は赤ん坊ではなく、豆でいっぱいのお腹の妻を責めている
・不妊は男性女性の両方の可能性があり、医師がその判断を出来ると強調
  不妊は2人が関係するもので、争いの原因になるべきでない、と歌う
・大統領夫妻は5人の子供、養子もいる
・彼女は牧師でもある

Burundi's first lady releases song urging couples not to fight over infertility
https://www.africanews.com/2019/10/24/burundi-s-first-lady-releases-songs-urging-couples-not-to-fight-over-infertility/

#アフリカ 322 2019/10/28
【ケニアのTwigaフードが西アフリカに視線 ゴールドマンから3000万ドル調達後】

ケニアのTwigaフードというサプライチェーンのスタートアップが
ゴールドマンから30億円投資を受けてビジネスの軸を変えて
西アフリカへも進出しようとしている話。

景気のいい話で良いですね~。
農家と売り手をつなぐB2Bのサプライチェーンが上手く行って、農産物から日用消費財にまで範囲を広げようとしてる。
ECもやるかもしれないし、
仏語圏の西アフリカにも進出予定だそう。
---
・ケニアのTwigaフードがゴールドマンサックスから3000万ドル(30億円)調達、シリーズB
・B2Bの食品配達会社
・ナイロビに配送センター設立の予定
・フランス語圏西アフリカにも可能性を見ている。来年進出 by CEO
・米国ゴールドマンはECのJumiaや南アフィンテックスタートアップJumoにも投資

・農業商品と生産者を効果的につなげる
・FMCG(Fast-Moving Consumer Goods。低コストですぐ売れる日用品)と野菜果物を半々に
・2014年設立、1.7万の農家と8千の売り手、1日3千軒のアウトレットに、M-Pesa支払い
・このネットワークで収穫物のロスを30%から4%に削減
・効果的なサプライチェーン屋から幅広い商品を扱う方向に転換目指す
  野菜果物で既にやってきたので、商材範囲を広げるのはやりやすいはず
  B2BのプラットフォームからB2Cへは優位性がある
・オンライン小売に参入との予測も
・今後12か月で拡大予定 

Kenya’s Twiga Foods eyes West Africa after $30M raise led by Goldman
https://techcrunch.com/2019/10/28/kenyas-twiga-foods-eyes-west-africa-after-30m-raise-led-by-goldman/

#アフリカ 323 2019/10/29
【南スーダン、中央アフリカで洪水、南アフリカで干ばつ】

南スーダンや中央アフリカでは洪水に襲われ家を失う人多数、
一方南アフリカでは干ばつが酷く、水使用制限へ。乾期が長く激しくなっているそう。

どちらも地球温暖化(気候変動)が影響してそうですが
暗い気持ちにしかなりませんね。。

(そういえば、日本人がいつまでも若いのは、世界の辛いニュースを見ないからだという説を聞いたことがありますが
どうなんでしょうね)
---
【100万人近くが南スーダンの洪水被害】
・6月から酷い洪水が国中を襲い、数十万人が避難を余儀なくされてる
・国連によれば60%の国民が既に栄養不良

Close to One Million People Affected by South Sudan Floods
https://allafrica.com/view/group/main/main/id/00070636.html

【中央アフリカは国家災害を宣言 洪水で多くが家を失う】
・2日間の大雨と酷い洪水
・政府は地方で2万人が家を失い、首都バンギでも8千人が失ったと発表
・暫定避難キャンプが出来たが、壊れる家はまだ増えそう
・「何年も過ごしてきた家が壊れて辛い」
・Oubangi川の決壊で事態が悪化、国際支援が必要
・この数週間の大雨で異常なほど川の水量が増加していた

C.A.R declares national catastrophe as floods render more homeless
https://www.africanews.com/2019/10/28/car-declares-national-catastrophe-as-floods-render-more-homeless/

【南アフリカは枯渇を防ぐために水配給制を宣言】
・水供給が枯渇しそうで、水配給を含む緊急措置を発表
・異常に暑く乾いた夏で降水量も少なく、一方使用量は増加したため水不足に
・国内ダムは昨年比10-60%
・水使用量の増加と降雨の少なさで完全に枯渇に向かっている
・12月に降雨が予想されているが、水使用制限へ
・降雨予測が難しくなっている。他の地域同様、乾季が伸びて激しくなっている
 ->南アフリカにも気候変動が影響

・南アは世界でもトップ30に入る水不足の国
・2015年に南アを襲ったエルニーニョで干ばつは悪化
・数十年に渡る水を使う産業とインフラネットワークの崩壊もそれを加速
・北ケープでは6年も降雨がない
・南アは世界平均の2倍温暖化、アフリカ最大の2酸化炭素排出を下げる努力してる
・一人当たりの水使用量320L/日も世界平均の2倍

South Africa announces water rations to avoid dreaded 'Day Zero'
https://www.africanews.com/2019/10/28/south-africa-announces-water-rations-to-avoid-dreaded-day-zero/

◆ニュースソース

基本的に以下をチェックしてます。



https://www.theafricareport.com

このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース複数サイトから気になるニュースを1つ選んで
自分で日本語で要約して投稿してます。

ニュース鮮度は良いかと思いますが、翻訳間違いや内容間違いを含んでいる可能性があります。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。
記事に対するコメント、ご意見、感想お待ちしてます!元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!
応援はとても嬉しいです。

Photo by Maksim Shutov on Unsplash

-AfricaNews, イベントスケジュール/ブログ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2019 All Rights Reserved.