Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

東京タワー前、路地裏に隠れてるカフェ。 異国の空間でコーヒーの香りと共に 少しの時間ホッとしませんか。アフリカとメンタルヘルスなど。

AfricaNews イベントスケジュール/ブログ

2020年1月1週目のアフリカ最新ニュース:ナイジェリアと通貨Eco、コカイン密輸、ビアフラ、カーディB、米ーイラン影響、正教会のクリスマス

更新日:

2020/1/1-1/7 に取り上げたアフリカ最新ニュースです。
Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

#アフリカ 387 2020/1/1
【ナイジェリアは西アフリカ通貨Ecoを研究中】

正月らしさの無いお正月一つ目の記事は、最近の私の関心事CFAフランとEcoの話。

ナイジェリアも参加する方向で検討しているとの話。
ガーナ参加の話もあったけど、マクロン大統領発表の時からナイジェリアもガーナも参加見込みという話だったんですよね。
どこまでが規定事項なのか分かりにくいのですが、Ecoとしてはその2国も入れてずっと話をしてたからかな。

あるCFAフラン圏の人は「ただ名前が変わるだけで変わらないよ!」と言ってましたがw
---
・ナイジェリアの財務大臣は「西アフリカ通貨CFAフランがEcoに代わるとの情報を受けた。
現在状況調査中で、追って対応する」
・この声明はガーナのEco参加表明を受けてのもの。
・ガーナはフランスとアイボリーコースト大統領の声明の一週間後にEco参加を表明、9カ国目
・ナイジェリアは地域最大の貿易国で、動向が注目されているが国内調整は必須
・アフリカ自由貿易圏AfCFTAでもナイジェリアは最後に批准した国
  このときは政府は主要業界プレーヤーとの協議を行った

Nigeria studying ECO move by Francophone West Africa - Minister
http://www.africanews.com/2019/12/31/nigeria-studying-eco-move-by-francophone-west-africa-minister/

#アフリカ 388 2020/1/2
【西アフリカのコカイン密輸】

気の重い話ですが、ブラジルからヨーロッパへのコカイン密輸の中継地として西アフリカが利用されていて、
アフリカでの消費も増えているという話。

世界が均質になって、コカインも含めて同じものを欲しがるというのは、考えちゃいますね。
---
・16,19世紀には西アフリカから南アメリカへは奴隷が輸出された
・ブラジルーダカール間の2500キロのルートは
 2000年代からラテンアメリカのドラッグカルテルが
 西アフリカへ何トンものドラッグを密輸。その後ヨーロッパへ。
・ハイウェイ10と呼ばれる。赤道から10度ずれているため。大西洋の最短ルート

・ナイジェリア当局によるとナイジェリアのコカインの80%はハイウェイ10でブラジルから来る
・西アフリカ経由のヨーロッパ密輸はチェックが甘いので使われる
 ダカール、Lome、アクラ、アビジャンなど
・イタリアマフィアも絡む
・警察も真面目に捜査しない
・アフリカでの使用も急増。2004年には世界のコカインの7%、7年後には15%に
 犯罪組織は新たな市場を探す。アフリカ側は若い消費者が世界と同じ音楽を聴き、同じ商品を欲しがる。コカインもその一つ
 
SPECIAL REPORT: Drug Frontier: How cocaine trafficking is impacting West Africa
https://www.premiumtimesng.com/news/headlines/370647-special-report-drug-frontier-how-cocaine-trafficking-is-impacting-west-africa.html

#アフリカ 389 2020/1/3
【ビアフラ:英国政府はナイジェリアの一番の敵】

背景が分からな過ぎて内容理解が怪しいのですが、ナイジェリアでビアフラ(族?)のリーダーが、英国は敵、とか非難している話。ナイジェリア政府のことも非難しているよう。

イスラム教、シャリア法、いろんな部族、いろんなものが絡み合ってナイジェリアの難しさになってる感じ。
そもそも全然違う人達をひとまとめに1つの国にしてるから、そりゃ国を治めようにも収まらないですよね。。
---
・先住民BiafraビアフラのリーダーNnamdi Kanuの主張
・Shariaシャリア法の北12州
・英国政府はナイジェリア最大の敵と主張
・ナイジェリア政府はイスラム教を推進し、フラニ族を支援し、英国政府の支援を支持していると非難

Nnamdi Kanu breaks silence, says British govt ‘worst enemy’ of Nigeria
https://www.vanguardngr.com/2020/01/breaking-nnamdi-kanu-breaks-silence-says-british-govt-worst-enemy-of-nigeria/

#アフリカ 390 2020/1/4
【米人ラッパーのカーディBがナイジェリア市民権を申請】

ただのジョークっぽいですが、トランプ大統領のせいでイランからの報復でNYが危険だからナイジェリア市民権を申請するわ!というカーディBの話。

wikiによるとカリブ海系の人らしいですが、先日訪れたナイジェリアでは孤児院とストリップクラブ訪問という振れ幅の大きさw
洗礼名がイボ族に因んだ名前とのこと、いつ洗礼を浮けたんでしょうね。ブラック系の人がアフリカ系の洗礼名というのはよくあるのでしょうか。
---
・アメリカ人としてNYに住むのは危険だとして、カーディBがナイジェリア市民権を申請
・米国とイラン間の緊張を受けて
・彼女は昨年ナイジェリアとガーナを訪問
  ラゴスでは孤児院とストリップクラブを訪問、ライブも開催
・彼女の洗礼名はChioma B、Chiomaは南東のイボ族の女性の名前

・ガーナでは歓迎イベントをすっぽかして非難を浴びた

American rapper Cardi B filing for Nigerian citizenship
https://www.africanews.com/2020/01/03/american-rapper-cardi-b-filing-for-nigerian-citizenship-over-us-iran-rift/

#アフリカ 391 2020/1/5
【ジブチ、エリトリアは米ーイラン対立激化の危機に直面】

米国ーイランの対立でのアフリカの反応。距離的に近いですし心配ですね。
紅海の対岸ジブチ、エリトリアは警戒アラートが出てて、
エジプトはイラクの緊張増大に言及。

メインはイランだと思いますが、エジプトがイラクを気にしているというのはもともとに関係性があるんでしょうね、きっと。イラン、イラクがややこしくてどっちだっけってなります、、、
---
・イエメンとアフリカのジブチ、エリトリア間にある紅海の海峡
  米国ーイラン間の対立の影響を受ける可能性
・イエメンでは米国はサウジアラビア連合を支持、イラン支持のHouthi派と対立
・アフリカの角エリアの国は警戒態勢をとるように by 国際危機グループ
  ほかにレバノン、シリア、イエメン、ホルムズ海峡も
・イランは金曜にイラン精鋭軍司令官ソレイマニQassem Soleimani殺害の報復を表明、米国の空爆で死亡
・ソルイマニ氏は62歳、イランで最高司令官Khameneiハーメネイ氏に次ぐ2番目の権力者
・米国トランプ大統領は中東の影の戦争Shadow warを増大させた
  イラン対米国とその連合イスラエル、サウジなど
・Soleimani氏の顧問、イラクの軍事司令官Abu Mahdi al-Muhandis氏もまた殺害された

Djibouti, Eritrea face threats as US-Iran conflict escalates: Crisis Group
https://www.africanews.com/2020/01/03/djibouti-eritrea-face-threats-as-us-iran-conflict-escalates-crisis-group/

【エジプトは米国攻撃後のイラク緊張に反対】

・エジプトの外相は金曜にイラクの緊張増大に懸念を表明
 「イラクで緊張増大が予想されるが、対立は避けたい」
・Qassem氏殺害後、イランの最高司令官Ayatollah Khameneiは3日間の国家追悼を発表
 イランは「厳しい報復」を断言
・イランの国家安全会議は金曜に緊急会合を招集、米国攻撃への対応を決定
 Khamenei氏も初めて会合に参加
・Qassemの殺害はイランの決意を強めるもの
・「Soleimaniの純粋な血は抵抗の木々を強くし、イラン国民を団結させる。
 この地域の米国政治は効力をなくす」とイラン外相は述べた

Egypt appeals against escalation in Iraq following US strike
https://www.africanews.com/2020/01/04/egypt-appeals-against-escalation-in-iraq-following-us-strike/

#アフリカ 392 2020/1/6
【アフリカと、イランー米国の緊張】

イランと米国の緊張がアフリカにもしっかり影響する話。

・南アは与党のANSが国際テロだとして米国を非難。
・ナイジェリアは国内に親イラン・ムスリムが多く、もともと揉めてたけど今回の件での暴動を警戒して全土に警報。
・ケニアでは米軍基地をアルシャバブが襲撃、敵同士のはずのアルシャバブとイランがつながってまうのを懸念。

あちこちでワーってなっちゃいますね。。
---
・米国ーイラン間の緊張の高まり
  先週米国がイランの司令官Soleimani氏を殺害、両国に緊張、イランは報復の恐れ

・南アのANSは米国を非難
 ・南アのアフリカ国民会議ANCは米国空爆を非人道的だと非難
 ・国連に国際テロだとして、両国を抑制するよう対処を求める。世界大戦につながる懸念
  「米国の平和と安全を乱す行為を黙ってみているわけにはいかない」

・ナイジェリア警察は全土に警報
 ・ナイジェリア警察は日曜に全国にレッドアラートを発動
   Soleimani氏の死亡に関して、トラブルの予防措置のため
   「国内で大規模暴動の計画がある。
   ナイジェリア人とナイジェリア居住外国人の安全は保障する。
   暴動計画者は直ちにナイジェリアから離れるように」
 ・ナイジェリアには親イラン・ムスリムシーア派が大勢いる。彼らの抗議運動を封じるもの
  SNSには週末に北ナイジェリアでの小規模抗議運動がアップされている
  彼らは何年にも渡り治安部隊との激しい衝突を繰り返している
  2015年から拘束されている彼らのリーダーIbrahim el Zakzakyの開放を求めている

・ケニア
 ・米副大統領マイク・ペンス氏はSNSで死亡したSoleimani氏が2011年のケニアでのテロ首謀者だと主張
 ・しかしケニア人によって事実ではないと否定されている
   ケニアは昨年イランへお茶を大量輸出している、アメリカの戦争に巻き込まれるつもりはない
 ・ケニアの米国基地への襲撃
   アルカイダ系アルシャバブの襲撃とされる、3人の米人が死亡、戦闘具が破壊
   イランー米国の緊張が、イランーアルシャバブ間のありえない連合の懸念に
   「アルシャバブは敵であるシーア派イランとは連盟を組まないが、アルシャバブの攻撃タイミングは
    イランへ戦略的連盟のシグナルになりえるかも。圧力下のイランは断らないだろう」
 ・ケニア高官はイランー米国の緊張を懸念してきた
   アルシャバブとイランがつながるのは最悪のシナリオ
   ロケットやドローンで、アフリカの角の不均衡な戦況を大きく変える可能性

Africa amid Iran-U.S. tensions: SA outrage, Nigeria alert, Horn of Africa risk
https://www.africanews.com/2020/01/06/africa-amid-iran-us-tensions-sa-outrage-nigeria-alert-horn-of-africa-risk/

#アフリカ 393 2020/1/7
【エチオピア、エリトリアでは正教会のクリスマス】

ユリウス暦のエチオピアでは1/7がエチオピア正教会のクリスマス!
エジプト、エリトリア、スーダンもそうみたい。

wikiによると東方正教会の中にユリウス暦を使い続ける宗派があるよう。グレゴリオ暦とは13日のずれ。
---
・エチオピアの首相アビー・アーメッドは月曜に正教会のクリスマスを祝福
 「分離と分割をやめてこの日を祝おう」
・エチオピアはユリウス暦、クリスマスは1月7日
  世界的にはグレゴリオ暦でクリスマスは12/25
  
・エジプト、エリトリア、スーダンなどもキリスト誕生を祝う正教会クリスマスを祝う
・「多様性のあるコミュニティ、考え方、宗教、文化、歴史、言葉、知識で
 エチオピアは共通の場所になった」テーマは統合というアビー氏スピーチ

・アビー首相は2018年4月に就任し、社会、経済、政治、外交面で改革を主導し、2019年にはノーベル平和賞
・しかし民族間緊張で何百万人もが避難を強いられており、彼の改革における大きな危機となっている

Orthodox Christians in Ethiopia, Eritrea celebrate Christmas
https://www.africanews.com/2020/01/06/orthodox-christians-in-ethiopia-eritrea-celebrate-christmas/

◆ニュースソース

基本的に以下をチェックしてます。




https://www.theafricareport.com

このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース複数サイトから気になるニュースを1つ選んで
自分で日本語で要約して投稿してます。

ニュース鮮度は良いかと思いますが、翻訳間違いや内容間違いを含んでいる可能性があります。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。
記事に対するコメント、ご意見、感想お待ちしてます!元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!
応援はとても嬉しいです。

Photo by Maksim Shutov on Unsplash

-AfricaNews, イベントスケジュール/ブログ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2020 All Rights Reserved.