Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

東京タワー前、路地裏に隠れてるカフェ。 異国の空間でコーヒーの香りと共に 少しの時間ホッとしませんか。アフリカとメンタルヘルスなど。

AfricaNews イベントスケジュール/ブログ

2020年3月4週目のアフリカ最新ニュース: コロナでデジタル化、テック系出資、エボラの教訓、リアーナ寄付、ブルーエコノミー、若き女性アンゴラ財務大臣

投稿日:

2020/3/18-3/24に取り上げたアフリカ最新ニュースです。
Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

この週はやはりコロナ絡みが多かったのですが、不安な中でもデジタル化やテック系の促進、エボラからの教訓、リアーナの大型寄付などややポジティブな話題もありました。
コロナ以外ではセーシェルのブルーエコノミーに助成金(日本も地味に関わってました)、アンゴラの若き女性財務大臣の話がありました。

#アフリカ 464 2020/3/18
【ネッド銀行はコロナでデジタルバンキングが進むと見ている】

アフリカのニュースもコロナ一色になってきて辛いのですが、
コロナがデジタルバンキングを加速するかもという南アの銀行の話。

具体的な施策は出てませんが、来年再来年のデジタル化戦略を今年一杯に前倒しするとのこと。
日本でもコロナでリモートワークが促進されたようですが、
コロナで促進されたり見直されたりするものがありそうですね
---
・南アフリカのネッド銀行Nedbankはアフリカでのデジタル戦略を進める
  顧客がコロナ懸念で対面の銀行を避け出しているため

・同行の元々の計画では2021-2022年にデジタルプラットフォームの標準化完了の予定だったが
 年内に前倒しする
 
・長期戦略では売上の75%をデジタル経由で、顧客の70%がデジタルを使うこと
・南アは第4四半期に既に景気後退に突中、コロナで雇用を含め厳しい経済影響を受ける見込み

・民間企業は投資活動を既に先延ばし
・同行役員のSibiya氏は1年半から2年は南ア経済は停滞すると見ている
  ・不良債権の増加見込み
  ・Nedbankの2019年利益はジンバブエのハイパーインフレでの損失により7%低下
  ・しかし南アの各銀行は持ちこたえるだろう。銀行システムは安定しており機能的なので。
  ・電力会社Eskomからの電力供給が不安定なのが懸念
   ->政府がEskomの負債と運営の改善に取り組み、停電予定は見通しが良くなっている

・Nedバンクはナミビア、スワジランド、モザンビーク、レソト、ジンバブエでも操業
  ・ガーナ最大の銀行Ecobankの株式14%も長期保有
  ・マラウイからは3月末で撤退。市場が小さくコストがかかるので
  ・ジンバブエ撤退の計画はないが、業務とバランスシートの見直しはする
  ・南ア偏重を避けるため、アフリカの他の地域へも拡大したい。特に南東アフリカへ
  ・モザンビークのBanco Unicoの株は50%から87.5%に増やすとこ
  ・ケニアへの展開も狙う
  
・まとめ:リアルの銀行支店はコロナでもう完全復活はしないかも。強力なデジタル戦略を持つ銀行が勝つ

Nedbank bets coronavirus can accelerate shift to digital banking
https://www.theafricareport.com/24657/nedbank-bets-coronavirus-can-accelerate-shift-to-digital-banking/

#アフリカ 465 2020/3/19
【アフリカでのコロナ拡大を防ぐテック系に出資 CcHub】

アフリカでの感染者は全部で463名、死者10人と控えめな数字ですが、コロナ対策のテック系にCcHubが出資しますって!
公募らしいのでアイディアのある方ぜひw
手洗いを促すアプリとかシンプルなものでも効きそうですよね~
---
・アフリカ最大のイノベーションインキュベーターCcHub
 ・ラゴス、ナイロビに拠点
 ・コロナや社会的経済的打撃を抑えるテック系プロジェクトに出資する
 ・公募で
 
・5千から10万ドルの出資枠(約50万円から1000万円)
 ・ラストマイルのコミュニケーションや感染者や弱者の支援、医薬品生産、食品サプライチェーン対応などが対象
 ・技術やリソース支援も
 
・経験あるスタートアップでも、コア事業とは別にコロナプロジェクトを行う企業は応募可能
・世界で猛威を振るうコロナ。他地域よりも脆弱なアフリカで広がる懸念に対しての取り組み
・CcHubのネットワークとリソースをアフリカでのコロナ防御に使いたいとのこと
・ラゴスのCcHub:2019年にケニアのiHubを買収

・アフリカのコロナ状況
 ・ケニアやナイジェリア:先週後半で1桁だが増加中
・ 水曜のWHO発表:アフリカの感染者463名、10名死亡

・南ア:アフリカで2番目にコロナが多い。今週国家災害を宣言、集会を禁止、米英への渡航制限
 ケニア:渡航制限、集まりを制限
 ・オンデマンドロジスティックのKobo360はガーナとナイジェリアで在宅勤務開始
 ・ケニアのモバイルマネーM-Pesaはコロナ流行を抑えると期待される
  感染の可能性のある現金を使わずにデジタル決済を促進するため、サファリコムは今週手数料を無しに

CcHub funds tech to curb COVID-19 on concerns of an Africa outbreak
https://techcrunch.com/2020/03/17/cchub-funds-tech-to-curb-covid-19-on-concerns-of-an-africa-outbreak/

#アフリカ 466 2020/3/20
【ブルーエコノミーに80万ドル助成 シーシェルへアフリカ開発銀行が】

東アフリカのインド洋沖のセーシェル諸島。中小企業の海洋経済発展のための助成金を受ける話。

助成金の資金源に思いがけず日本政府もいて、海洋系だからよくお金出すとかあるんでしょうかね?海洋系じゃなくても出してるのかな?
---
・セーシェルのブルーエコノミー分野の中小企業支援でアフリカ開発銀行が80万ドル(8000万円)の助成金

・資金源はアフリカ民間部門支援基金FAPA。日本政府、オーストリア政府、アフリカ開発銀行が寄与

・ブルーエコノミーはセーシェルの2019年から2023年の国家開発戦略の核
・セーシェルの排他的経済水域は130万平方キロ
・養殖、再生可能エネルギー、海洋石油、海洋バイオテクノロジーに注力。中小企業の成長も肝
・若者、女性の活用も
 起業家100人の育成、その半分は女性の目標
・海洋バイオテクノロジー分野では20の中小企業を作る

Seychelles: African Development Bank supports Blue Economy with $800 grant
http://www.africanews.com/2020/03/19/seychelles-african-development-bank-supports-blue-economy-with-800-grant/

#アフリカ 467 2020/3/21
【アンゴラの財務大臣Vera Davesはアフリカで困難な仕事に取り組む】

汚職に取り組むアンゴラの政権で、財務大臣は30代女性!
すごいですね~

去年はブルームバーグでも取り上げられてました。
In Angola, a 35-Year-Old Woman Steps Up to Boost the Economy
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-11-06/a-35-year-old-woman-steps-up-to-revive-angola-s-economy
---
・昨年10月にアンゴラの財務大臣に就任したVera Daves氏はアフリカ5位の経済の再建に挑むが簡単ではない
・4年に及び景気後退から脱出するため、今年は1.8%の成長目標

・アンゴラ初の女性財務大臣
 2016年にルアンダ株式市場委員長に任命されたには31歳
  
・アンゴラの主要輸出品である石油価格はコロナ、サウジとロシアの石油戦争で今月30ドル/バレルに低下し打撃

・「今年の予算は保守的にいくが、中国経済や石油価格といった世界の経済状況には柔軟に対応する」

・ロウレンソ大統領は前大統領の娘イザベル・サントスが不正に海外流出させた資産を調査した
 ->それにより返還される金額よりも、国が法に則ってまともに運営されるようにするのが大事

Angola: Finance Minister Vera Daves has one of Africa’s toughest jobs
https://www.theafricareport.com/24857/angola-finance-minister-vera-daves-has-one-of-africas-toughest-jobs/

#アフリカ 468 2020/3/22
【2014年のエボラ流行からの5つの教訓】

アフリカでもついにコロナが増えつつあり、
一方でエボラなどと戦ってきたので準備は出来てる(?)という話もあったりしてましたが
リベリアでエボラと戦っていた方のアドバイス。

特に信頼と伝え方というのアフリカで大事なポイントなのかも。参考になります。
---
・2014年にリベリアでエボラが流行った際、 W. Gyude Moore氏は
 当時のエレン・ジョンソン・サーリーフEllen Johnson-Sirleaf大統領の幕僚副長として活躍
・エボラと戦った時の最前線にいた彼からのコロナ対策へのメッセージ

1.健康危機として始まるが、政府危機になる。国家が試されるとき
  ->地方政府と中央政府との関係性がキー
  
2.信頼が大事
  国民の政府に対する信頼が無いと難しい
  リベリアでは伝統的なリーダーや有名歌手、宗教のリーダーを介するのが功を奏した
  手洗い、社会的間隔 social distancingといった重要なメッセージを伝えるのにやるとよい

3.検査が大事
  政府の資源は限られているが、検査に投資し、支援者を求めるべき

4.医療システムが脆弱なところでは既存の病院の利用やテント式病院を作り
  感染者報告が迅速にできるようにし、患者は専門機関に迅速に行くようにするべし
  通常の保健施設での対応と、該当疾病の対処を分ける

5.感染症の流行には隔離が大事
  簡単に思えるが、実行するのが肝要
  人は行動を変えたがらないし、隔離は嫌がるので、政府や当局が強制力を発動すべき

Coronavirus: 5 key lessons from the 2014 Ebola outbreak
https://www.theafricareport.com/24905/coronavirus-5-key-lessons-from-the-2014-ebola-outbreak/

#アフリカ 469 2020/3/23
【コロナ リアーナが500万ドルを米国、カリブ、アフリカに寄付】

リアーナがコロナ対策で5億円寄付!すごいですね

特に米国、カリブ、アフリカのmarginalized and undeserved communitiesに向けてということのようですが、貧困とか移民エリアのことでしょうかね。
---
・音楽界のスター、リアーナがコロナ対策に500万ドル(5億円)を自身のClara Lionel基金から寄付。
・資金は特に疎外されたコミュニティーで最前線の戦いの支援に使われる
  特にアメリカ、カリブ、アフリカにおける脆弱なエリアへ
・基金「このパンデミックの影響を強く受ける、疎外され不当に扱われるコミュニティを守り、準備するのが
  重要で緊急だ」
・フードバンク、検査、医療関係者の訓練、ウィルスの予防、緊急呼吸器の配布などに使われる予定

COVID-19: Rihanna gifts $5m to US, Caribbean, Africa
https://www.africanews.com/2020/03/23/covid-19-rihanna-gifts-5m-to-us-caribbean-africa/

#アフリカ 470 2020/3/24
【アフリカのコロナ:43か国で感染者、11か国が感染なし】

アフリカも初感染の国が増えてきました。がまだ11か国は感染者なし。

リンク先に各国の感染者数が出てますが、1国につき数人から多くても500人以下です。

この記事では扱ってませんが、各国で国境閉鎖や飛行機ストップ、行動制限等やってますね。

日本ではややリラックスムードに感じますが、世界では緊迫感が高まってますね。この先どうなるんでしょう。
---
・アフリカ大陸での感染者は1400人超で増加中

アフリカの事例(3/17から3/22)
・ガンビアは31番目の感染国。イギリスからの帰国者で
・ジブチは軍に従事するスペイン籍の人が感染
・ザンビアは2人の初の感染者
・モーリシャスは水曜に初の感染
・チャドも初感染
・ニジェールは大統領のツイートで初の感染を報告
・カーポベルデ政府は英国籍の人が初感染
・ジンバブエも初の感染
・ウガンダ、エリトリア、アンゴラ、マダガスカルも初の感染
・モザンビークも初の感染

Coronavirus in Africa: 43 countries infected, 11 virus-free
https://www.africanews.com/2020/03/23/coronavirus-in-africa-breakdown-of-infected-virus-free-countries/

---
このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース複数サイトから気になるニュースを1つ選んで
自分で日本語で要約して投稿してます。

ニュース鮮度は良いかと思いますが、翻訳間違いや内容間違いを含んでいる可能性があります。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。
記事に対するコメント、ご意見、感想お待ちしてます!元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!
応援はとても嬉しいです。

Photo by Maksim Shutov on Unsplash

-AfricaNews, イベントスケジュール/ブログ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2020 All Rights Reserved.