Blue Baobab Africa Online ブルー バオバブ アフリカ オンライン

アフリカや語学、メンタルヘルスなどに興味のあるオンラインの活動体です

AfricaNews イベント/記事

2021年1月2週のアフリカニュース:中国外相アフリカ訪問、ガンビア系ラッパー、ジンバブエ米非難、黒人女性のバットウーマン、リビア米関係、西サハラ米領事館、ウガンダ大統領選とFB

投稿日:

2021/1/6-2021/1/12に取り上げたアフリカ最新ニュースです。

Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

この週はアメリカ絡みの話が多め。
米国議会乱入事件に関して、ジンバブエ大統領が他国の民主主義を批判出来るのかと米国を非難した話、
バイデン政権が始まったらリビアとアメリカの関係性にも変化があるはずと期待するリビア、
モロッコとイスラエルの国交正常化案件の付随案件で西サハラにアメリカが領事館を開く話。

その他に、中国の外相が新年早々にアフリカ訪問している話、
イギリスでガンビア系のラッパーが評価されてる話、
アメリカのドラマ、バットウーマン役に初の黒人女性、
ウガンダ大統領選を前にFacebookが政府寄りのアカウントを削除した話(その後、facebookそのものが遮断されているという話も見かけました)。

#アフリカ 756 2021/1/6
【中国外相がアフリカ訪問】

中国外相がアフリカ5か国訪問。それぞれの国との関係性が分かりやすい記事でした。
ナイジェリア、コンゴ民主、ボツワナ、タンザニア、セーシェルを訪問し、対アメリカ、対インドとの争い。

この記事には出てきませんが日本の茂木外相もいま南米に飛んでいて、その後アフリカ訪問の予定。日本はこういう覇権争いには絡んでなさそうですが、外交はコロナがあってもやはり対面での交渉が肝でしょうかね
---
・中国Wang Yi外相が月曜からアフリカ5か国訪問:ナイジェリア、コンゴ民主、ボツワナ、タンザニア、セーシェル
 ->新年のアフリカ訪問は30年に及ぶ慣例
 
・「中国とアフリカはコロナパンデミックの中、絆を深めてきた。中国アフリカフォーラムFOCACは2020年で20周年」

・アフリカは中国に対し、コロナワクチン、医療用品、負債軽減を期待
 中国経済はコロナの影響を受けており、アフリカへの貸付資金の減少も懸念
 
・ナイジェリア:ブハリ大統領と会談予定
 ・ナイジェリアの石油輸入は少ないが、インフラ投資している
 ・コロナ後は反中国の流れも:在中国のアフリカ人差別で
   議会で中国移民、ビジネスや中国からの借り入れについて見直しも
 ・昨年12月には中国建設によるラゴスーIbadan間鉄道開通
 
・タンザニア:西側批判はあるがマグフリ大統領再選 ->中国にとっては東アフリカと関係を深めるチャンス
 ・2019年から停滞しているBagamoyo港の協議再開したい
 
・コンゴ民主:世界のコバルト生産の6割を占める。電子部品のバッテリー用途
 ・チセケディ大統領は親米
 ・中部アフリカでは中国と米国で資源採掘を巡り競争激化。中国企業を送り込みたい思惑
 
・ボツワナ:マシシ大統領は親中国。前のKhama大統領より批判は少ない
 ・南部アフリカでは南アと中国は近しいが、ボツワナにも配慮
 
・セーシェル:インド洋のセーシェル、モーリシャスはインドの影響が拡大
 ・中国はインドとの結びつきを弱めたい
 
・中国のアフリカ訪問はアメリカの新政権発足の数日前
 ->アフリカにおけるアメリカ、中国の競争は激化の見込み

What is at stake as China's foreign minister begins Africa tour?
https://www.africanews.com/2021/01/05/what-is-at-stake-as-china-s-foreign-minister-begins-africa-tour/

#アフリカ 757 2021/1/7
【ガンビア系イギリス人ラッパーPa Salieu が受賞】

ガンビア系イギリス人ラッパーPa SalieuさんがBBCの賞を受賞したそうで、これから期待のミュージシャンのようです。

それにしてもイギリスのコベントリー、かなり治安が悪いみたいですね。この彼も理由もなく頭撃たれてたり、イメージありませんでしたが、イギリスもそういう場所があるんですね
---
・英国コベントリーのラッパーPa Salieuが2021年BBCサウンド賞を受賞。
 過去にはアデルなども受賞している

・アルバム「フロントライン」は生と死についての強烈な歌詞が印象的

・2019年には銃撃で頭を負傷「あの時死んでいたら、ただのギャングだと思われただろう。
 毎日人が殺されていて、誰にも理解してもらおうとは思っていない」
 しかし今は声なき人々の声になろうとしている
 
・23歳。幼少期はガンビアで過ごし、8歳からコベントリー在住

・家族、友達、排除、差別など英国のストリートの声を歌う
 彼の声には物語の厳しさを和らげる西アフリカの軽快さがある

Rapper Pa Salieu wins BBC Sound of 2021: 'I am the voice of the voiceless'
https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-55319957

#アフリカ 758 2021/1/8
【ジンバブエ大統領 アメリカによる経済制裁を非難 米議事堂での暴動で】

昨日の米国議事堂事件について、ジンバブエや各国リーダーの声明。
民主主義が出来ていないと経済制裁を受けているジンバブエからしたら納得いかないのも当然ですね

こういう時によその首脳はメッセージが早いし上手いですね。文化の違いでしょうか

暴徒が議事堂に侵入する動画とショックを受けているCNNのお2人。信じがたい、と衝撃の気持ちが伝わります
https://edition.cnn.com/videos/politics/2021/01/06/protestors-breached-capitol-reax-washington-dc-protest-congress-electoral-college-vpx.cnn

フランスのマクロン大統領 民主主義への想い

---
・水曜、アメリカの国会議事堂でトランプ氏支持者による暴動

・ジンバブエのムナンガグワ大統領は非難のツイート
 「見せかけの民主主義であるアメリカには他国を罰するような倫理的権利はない。経済制裁は終わりにすべきだ」
 「ジンバブエの民主主義に懸念があると、米国トランプ大統領は厳しい経済制裁を延長した」
 
・その他の世界リーダーらの非難
 ・前の大統領オバマはトランプが暴動を引き起こしたと非難
 ・ビル・クリントン前大統領:トランプと熱心な支持者が選挙結果をひっくり返そうと引き起こしたもの。
   選挙は自由で集計は公平であり、選挙結果は最終的なものだ
 ・ジョージ・ブッシュ:これは民主共和国ではなく、バナナ共和国の選挙だ
 ・EU議長ジョセップ・ボレル:選挙以降、向こう見ずな行動をとるリーダーらに驚愕している
 ・フランスのマクロン大統領:ワシントンDCで今日起きたことは全くもってアメリカではない
 ・イギリスのボリス・ジョンソン首相:アメリカは世界の民主国家を代表しており、平和な政権移行が必要だ
 
・アメリカ議会はバイデンとハリスを次期アメリカ大統領、副大統領と認めた。1/20に新政権
 
Zimbabwe's Mnangagwa and world leaders blast Pro-Trump riot on Capitol
https://www.africanews.com/2021/01/07/world-leaders-condemn-pro-trump-supporters-attack-on-u-s-congress-as-biden-win-certified/

#アフリカ 759 2021/1/9
【初の黒人女性のバットウーマン】

アメリカでバットウーマン役に初の黒人女性だそう。
LGBTQでもあるようで多様性ですかね。

wikiの写真がきれいでよいです
https://en.wikipedia.org/wiki/Javicia_Leslie
---
・女優Javicia Leslieジャビシア・レスリー 33歳は初の黒人女性としてバットウーマンを演じる
・CBSの「God Friended Me」などに出演
・「自分のためではなく、他の人々を勇気付けたい。神様からの使命。
 黒人女性がスーパーヒーローを演じることで誰かを勇気付けられるかもしれない」
・バットウーマンの2シーズンはCWネットワークで1/17から

Javicia Leslie is first blackwoman to play "Batwoman"
https://www.africanews.com/2021/01/08/javicia-leslie-is-first-blackwoman-to-play-batwoman/

#アフリカ 760 2021/1/10
【新しいリビアーアメリカの関係に期待】

バイデン政権がもうすぐ始まるはずですが、リビアは新しいアメリカに協力を期待しているという話。
新政権に変わることで各国で期待があるんでしょうね。
無事に政権移行されますかね。
---
・国連が支援するリビア政府の国務大臣Fathi Bashagha:首相候補。元空軍パイロットで実業家
 ->次期バイデン政権の最優先事項はリビアの安定化になることを期待
->米国のサポートにより、トルコ支援のリビア政府軍による過激派攻撃も拡大させたい

・石油国のリビアは2011年のカダフィ大佐殺害後から国を二分する混乱が続く
 ->昨年から両サイドは2021年後半の選挙にむけ暫定政権について話合い
 ->合意まだ出来ず
 
・Bashagha氏は2018年の国務大臣就任以降、権力の座にあるがトリポリや西リビアのコントロールには苦戦

Libyan minister expresses hopes for new Libya - US relations
https://www.africanews.com/2021/01/09/libyan-minister-expresses-hopes-for-new-libya-us-relations/

#アフリカ 761 2021/1/11
【紛糾する西サハラにアメリカ領事館】

モロッコとイスラエルの国交正常化交渉のバーターで
アメリカが西サハラのモロッコ主権を認めるという話がありましたが、それでさっそく米国領事館を作るという話。

モロッコと独立したいポリサリオ戦線の対立が続いていたようですが、他のアフリカ・アラブ国も領事館を置いてるようなので実質モロッコ領として見られてるんでしょうかね。

国連は地域での解決を目指してサポートしているようで、アメリカとは立場が違うようです。
---
・アメリカは日曜、西サハラに領事館を設置
 ->旧スペイン植民地で分断され紛糾している場所
 
・モロッコーイスラエル間の国交正常化と引き換えに米国が認めたもの
・モロッコ外相「西部サハラに初めてアメリカ高官が訪れた」
 12/10にモロッコのムハンマド6世とトランプ大統領が電話会談

・西サハラの国連はアメリカの決定によって方針が変わることは無いと表明
・アルジェリアが支援するポリサリオ戦線は独立を求めて戦ってきた

・アフリカ、アラブの20カ国は既にモロッコ領部分に領事館を設置
->ポリサリオ戦線は国際法違反だと非難

The USA Begins Consulate Launch in Disputed Western Sahara
https://www.africanews.com/2021/01/11/the-usa-begins-consulate-launch-in-disputed-western-sahara/

#アフリカ 762 2021/1/12
【ウガンダ大統領選 FB遮断に非難】

ウガンダの大統領選を前に、FBが現職ムセベニ政権側のアカウントをいくつも閉鎖したそう。
何が正しくて何がフェイクなのか悪なのか、を誰がどう判断するのか、非常に難しいですよね。
一つのプラットフォームに依存せずにあれこれ並立乱立している状態がベターなんでしょうかね。

選挙自体は若いボビー・ワイン氏が頑張っているものの、長期政権のムセベニが続きそうという見方。
---
・facebookは世論操作の疑いでウガンダ政府公式関係のアカウントを停止

・76歳の現職ムセベニ大統領と歌手で政治家のボビー・ワイン38歳の対決

・Twitter、インスタ、FBは米国ドナルド大統領のアカウントを停止
 ->言論の自由を阻害するものという抗議も
 
・ムセベニ政権の報道官:FBとインスタのアカウントが停止された
 「外国の勢力が傀儡のリーダーシップを支援しているのは非常に残念だ」

・ムセベニ大統領のアカウントはまだ存在しているが、著名な支援者らのアカウントは停止されたものも

・12月にはロシア、フランスのアカウントが削除された
  アフリカでの妨害活動に関与しているとして
・10月にはニュージーランドで陰謀論の政治グループのページを停止
・アマゾン、アップル、グーグルは先週の米国議会暴動で保守党に人気SNSのParlerを締め出し

・ウガンダの選挙戦では対抗勢力に多数の逮捕者。11月には抗議運動で54人が死亡
・ボビー・ワイン氏は貧困層・若者に人気だが35年続く現職のムセベニ氏が優勢

Uganda accuses Facebook of 'interference' in upcoming elections
https://www.africanews.com/2021/01/11/uganda-accuses-facebook-of-interference-in-upcoming-elections/

このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース複数サイトから気になるニュースを1つ選んで
自分で日本語で要約して投稿してます。

ニュース鮮度は良いかと思いますが、翻訳間違いや内容間違いを含んでいる可能性があります。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。
記事に対するコメント、ご意見、感想お待ちしてます!元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!
応援はとても嬉しいです。

-AfricaNews, イベント/記事

Copyright© Blue Baobab Africa Online ブルー バオバブ アフリカ オンライン , 2021 All Rights Reserved.