Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

東京タワー前、路地裏に隠れてるカフェ。 異国の空間でコーヒーの香りと共に 少しの時間ホッとしませんか。アフリカとメンタルヘルスなど。

AfricaNews イベントスケジュール/ブログ

2021年3月4週のアフリカニュース:ルワンダのチーズ産業、16歳発明、広州のアフリカ人、ジンバブエ写真、アーティストとコロナ、チュニジア人工衛星

投稿日:

2021/3/17-2021/3/23にシェアしたアフリカニュースです。

Twitter(https://twitter.com/BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

ビジネス系では
ルワンダでチーズ業に力を入れている話、
チュニジアでマグリブ初の人工衛星を飛ばした話、

アート寄りでは
ジンバブエのアート写真、
コロナで苦しいアーティストが頑張っている話。

16歳の学生が誘拐対策のピアスを発明、
広州に多くいたアフリカン事情など。

#アフリカ 823 2021/3/17
【ルワンダのチーズ産業】

ルワンダでチーズ生産に力を入れているという話。
自給自足農業からビジネス的酪農にという政府の意向もあるようです。
欧州の食習慣を取り入れたらチーズ需要が伸びるだろうとありましたが、世界で食習慣もある程度均一化するんでしょうか
---
・ルワンダのNdoli氏は内戦の5年後にチーズ業開始、今では120軒の酪農家と契約
 - 週に1500Lのミルクから各種チーズを作る
 - レストラン、ホテルチェーンなどに卸し、一部はコンゴ民主、ブルンジに輸出
 
・キガリではファーストフード人気の高まりで、宅配ピザ用のモッツアレラチーズの需要高い

・週6日働く69歳「素材を加工して付加価値を付けることに情熱」
・近代的な工場で月に8300ドルの収入

・ルワンダの人口1260万人の75%は農業従事、ルワンダ経済の中心
 ->政府はチーズ品質の向上、乳製品輸出に力を入れ出した

・ルワンダの乳製品輸出は近年減少。40トンのチーズを輸入
 ->輸入品は高く、地元産ゴーダチーズは売値半分

・乳製品はGDPの6%
  機械の近代化など課題多い
  
・サブサハラでは南アとケニアは2大チーズ消費国 世界市場は700億ドル規模

・ルワンダの牛は130万頭、農産品は輸出の63%
  政府は自給自足農業からビジネス志向の近代酪農へ転換を狙い
・ルワンダ人口は年2.3%増加。ミルク需要は増加。チーズはまだ高級品

・アフリカ全体でのチーズ生産は年6%増。
栄養、タンパク質摂取の向上、貧困脱出にも
 ->チーズ需要喚起が肝
 「欧州の食習慣が受け入れられてたらマーケットになる」
 
Can cheese be topping on Rwanda’s agricultural exports?
https://african.business/2021/03/agribusiness-manufacturing/can-cheese-be-the-topping-on-rwandas-agricultural-exports/

#アフリカ 824 2021/3/18
【16歳が発明 人身売買追跡用ピアス】

誘拐された時に警察に通報して犯人の写真を送信するピアスを学生が発明。元気そうでいいですね

全人類これを付けておけば平和になったりしませんかね。
---
・南アで16歳の生徒が女性を守るデバイスを発明
 ->誘拐されたときに警察に通報し、犯人の写真を撮影し送信するピアス

16-year-old genius invents "alerting Ear Piece" which allows cops to track human trafficking victims
https://www.legit.ng/1406225-teen-invents-alerting-device-protect-women-kidnappers.html

#アフリカ 825 2021/3/19
【広州のアフリカン コロナで追われ】

広州に沢山いたアフリカ人がコロナで中国を出て、でも中国人との子供たちもいるという話。
コロナが色んな所に影響してますね。
---
・中国の広州、コロナ感染拡大で黒人差別が悪化

・アフリカ人街は外国人の姿も少なく、店舗は閉まっている

・21世紀の広州は多くの移民で多文化都市
 ->ゆるい移民法と、安価な製品で多くのアフリカ人起業家を集める
 ->2012年時点で10万人ものサブサハラアフリカンがいるとされる
 
・アフリカ人ー中国人間の結婚も増え、中国57番目の民族になるかと思われた
 ->コロナ後激減「広州のアフリカ人貿易商の時代は終わった。もう戻らないと思う」

・コロナでビジネスモデルが変わり、現地仕入れからオンラインショッピングへ
 ->しかしアフリカ在住中国人との競争
 
・アフリカ移民の宗教の問題、1年更新のビザ -> 地下移民、不法移民化 -> 警察強化

・ナイジェリア人のコロナ集団感染発覚後、中国人でアフリカ人に対する恐怖高まる
 ->中国外務省:すべての外国人を平等に扱っており、差別は許容しない
 
・広州には多くのアフリカ人&中国人の子供
 ->外国人扱いされたり、ネットのバッシングや差別など
 ->2重国籍はNG,中国国籍が必要
 
・「日本のテニス選手大阪なおみのような人が出てくるといい」
 「世界中から人が来ているのでそのうち溶け込んで目立たなくなるだろう」

Covid-19 drove hundreds of Africans out of Guangzhou. A generation of mixed-race children is their legacy
https://edition.cnn.com/2021/03/17/china/africans-guangzhou-hnk-dst-intl/index.html

#アフリカ 826 2021/3/20
【ソニー世界写真賞2021】

ソニーの写真賞でジンバブエの方の写真が入っていまして素敵だったので。ショナ族のようです。

他の写真も良かったです。
---
・Sony World Photography Awards 2021で10カテゴリーの勝者が発表された
 ->ベトナムの干し魚の写真、スペインのラベンダー畑の雷の写真など

・ジンバブエの写真家Tamary Kuditaさん:伝統的なビクトリア朝のドレスの若い女性の写真、伝統的なショナ族の調理道具と共に
 クリエイティブカテゴリーで一位

・全体を通しての勝者は4月に発表
・100名以上が最終選考入り、それらはオンライン展示会で見られる予定

https://dynaimage.cdn.cnn.com/cnn/q_auto,w_1100,c_fill,g_auto/http%3A%2F%2Fcdn.cnn.com%2Fcnnnext%2Fdam%2Fassets%2F210318055111-restricted-03-sony-world-photography-awards-2021-scli-intl.jpg

Sony World Photography Awards 2021: The best images revealed
https://edition.cnn.com/style/article/sony-world-photography-awards-2021-scli-intl/index.html

World Photography Organisation
https://www.worldphoto.org/sony-world-photography-awards/winners-galleries/2021/open/winners/2021-open-competition-category

#アフリカ 827 2021/3/21
【アフリカのアーティストとコロナ苦境】

どこの国も大変ですが、アフリカ各国のアーティストらも大変という話。
政府に訴えかけたり、それぞれに動いているんだなあと
---
・コロナのパンデミックでアートやカルチャー界の苦しさが際立つ

・南ア政府は雇用刺激プログラムを導入:9-5時仕事ではないギグエコノミーのクリエーターらをサポートするもの
 ・しかし依然として厳しい状況->文化庁の前でアーティストらは座り込み抗議
 ・歴史的劇場Fugardは閉鎖
 
・ナイジェリアでは2021/3からロックダウン、クリエーター界隈は苦境
  政府はほぼ無策、音楽家らは新たなデジタルの機会を探る
  
・ジンバブエではアーティストらが政府に働きかけ:最低限のサポートとワクチンの優先化を

・ナミビアでは音楽家協会の会員らは昨年はなかったが今年コロナ救済策を受ける

Tough Times for African Artists as Covid-19 Takes Its Toll
https://allafrica.com/view/group/main/main/id/00077215.html

#アフリカ 828 2021/3/23
【チュニジア初の人工衛星】

チュニジア初の人工衛星の話。
動画だと韓国の旗にハングルですけど何でしょうね?

去年5月のニュースで計画中という話がありましたが、当初計画からすこし遅れてるようにも見えますが無事飛んだようです。
---
・チュニジア初の人工衛星Challenge one 打ち上げ
 ->インターネット通信用
 ->これから3年で20以上打ち上げたい

・マグレブ初の自国衛星で、アフリカ大陸では6番目

・カザフスタンからロシアのソユーズ船での打ち上げ

・アフリカの宇宙市場は年間70億ドル規模とされる
  次の5年で40%成長の見込み

Tunisia launches its first satellite
https://www.africanews.com/2021/03/22/tunisia-launches-country-s-first-satellite/

このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース複数サイトから気になるニュースを1つ選んで
自分で日本語で要約して投稿してます。

ニュース鮮度は良いかと思いますが、翻訳間違いや内容間違いを含んでいる可能性があります。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。
記事に対するコメント、ご意見、感想お待ちしてます!元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!
応援はとても嬉しいです。

-AfricaNews, イベントスケジュール/ブログ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2021 All Rights Reserved.