Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

東京タワー前、路地裏に隠れてるカフェ。 異国の空間でコーヒーの香りと共に 少しの時間ホッとしませんか。アフリカとメンタルヘルスなど。

AfricaNews イベントスケジュール/ブログ

2021年3月5週のアフリカニュース:ガンビアの美白剤禁止法維持、スエズ運河ブロック、シエラレオネのスラム火事、サファリコム5G回線、アルシャバブがジブチ米仏非難

投稿日:

2021/3/24-2021/3/30にシェアしたアフリカニュースです。

Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

この週は
ガンビアで美白剤禁止法案の廃止が検討されたけど廃止しなかった話、
スエズ運河で大型貨物船がスタックして運河をふさいでいる話、
シエラレオネの大きなスラムで大火事が発生した話、
ケニアの通信会社サファリコムがコロナ禍需要で5G回線の導入を進める話、
過激派アルシャバブが外国軍の拠点になっているジブチの大統領に対して英仏の利益重視だと批判している話など。

#アフリカ 829 2021/3/24
【ガンビアの美白剤禁止法維持】

時折この手のニュースを見かける気がしますが、ガンビアで美白剤禁止の法律を維持するという話。

白い肌を求めて健康リスクのある美白剤を使うことに対して禁止の法案があったところに、
化粧品使用者を罰するとは差別だとして法案廃止の話が出たけれど結局廃案にならなかったとのこと。
利用者じゃなくて販売者を罰したらどうなんでしょうね。変わらないのかしら。
---
・ガンビア議会は美白製品禁止法の維持を決定

・未認可の美白剤は多くの健康リスクを引き起こす懸念
・植民地時代の負の遺産でもある

・美白志向はアフリカ、南アジア、中東でもみられるもの

・ガンビアでは1996年から美白剤は禁止されているが、
 女性差別であるとして昨年禁止の解除案が出ていた
 ->化粧品を使う人を不当に罰するのは差別であるとして

・議員23人が禁止維持に投票、10名が廃止に投票

The Gambia upholds ban on skin bleaching
https://www.africanews.com/2021/03/23/the-gambia-upholds-ban-on-skin-bleaching/

#アフリカ 830 2021/3/25
【貨物船がスエズ運河をブロック】

スエズ運河で貨物船がスタック、大きなニュースになってますね。
別のニュースによると日本の会社所有の船だそう。日本の船って結構あるんですかね。

スエズ運河は1869年に出来て、2015年にはエジプトが拡張工事をしたそうなんですが、その手前でつっかえたようです。
船も運河も知らないところで年々大きく進化してるのかななどと思ったり。
---
・最大級サイズの貨物船がエジプトのスエズ運河をふさいでいる
 ->コロナで影響を受けている海運業に一層のダメージ懸念
 
・パナマ旗の貨物船はアジア・欧州間を輸送中にスタック、アフリカ大陸とシナイ半島を分断
 ->北方向に横切る途中だった
 ->紅海側から入り、強風だった

・運営は台湾の海運会社
・エジプト政府によると強風と砂嵐が起きており、そのため
 二日はかかりそう

・けが人や汚染はなし

・北カリフォルニアの大学教授:毎日50艘が運河を通る。食料、燃料などの輸送が止まるということだ
  ->コロナで多くの船が停滞し、一方海運需要は高まり船員らへの負荷は高い
  ->船便のスケジュールは非常にタイトに

・該当の船は2018年に作られ、船長400メートル。2万コンテナ収容可能

・スエズ運河は1869年に出来た。世界の貿易の10%がここを通る
 ->エジプトの一番の外貨源
 ->2015年にはエジプトのシシ大統領は運河拡大工事を完了、最大級の船も通れるように
 ->今回の件はその手前で発生

Massive cargo ship turns sideways, blocks Egypt's Suez Canal
https://www.africanews.com/2021/03/24/massive-cargo-ship-turns-sideways-blocks-egypt-s-suez-canal/

#アフリカ 831 2021/3/26
【シエラレオネのスラムで火事】

シエラレオネのスラムで大火事のよう。
燃えやすい家々だったようですが、写真見るとこれはちょっと大変ですね。。
---
・水曜遅く、シエラレオネの首都フリータウンのスラムで大火
 ->詳細は不明だが数千人に影響の可能性
 ->多くの家は段ボールやシートなどで出来ていた
  
・EUは支援を検討
->現地のEU大使:再発を防ぐためにも構造的措置を当局と話あう

・旧英国領でダイヤモンド産出国のシエラレオネは世界でも貧しい国の一つ
 ->1991-2002年の内戦では12万人が死亡
 ->2014-2016年はエボラ出血熱に襲われた

Thousands affected by fire in Sierra Leone slum, officials warn
https://www.africanews.com/2021/03/25/thousands-affected-by-fire-in-sierra-leone-slum-officials-warn/

#アフリカ 832 2021/3/28
【サファリコム アフリカで3番目の5G回線】

ケニアでサファリコムが5G回線。コロナの在宅ワーク需要が後押ししているようです。
日本の5G状況すらよく知りませんが、あちこちで高速になっていくんでしょう、きっと。
---
・ケニアの通信会社サファリコム
 ->1年前に初の5G回線トライアル
 ->今回は主要都市、1年かけて他の地域にも拡大予定

・サファリコムCEO:「コロナで在宅ワークや子供、小規模ビジネスなども家が職場になった。
 なので家やどこからでも仕事ができるようにしたい」
 
・サファリコムにとっても収益があがる
  2015年に4G回線を立ち上げ、2020年には売上3倍。他国への展開も

・Mpesaはエチオピアへ展開計画。visaやpaypalなどとの提携も視野に

・2019年のデータによると、ケニアでは携帯通信契約者は5000万人以上
  スマホは1000万人以上

Safaricom Launches Africa’s third 5G Network
https://www.africanews.com/2021/03/26/safaricom-launches-africa-s-third-5g-network/

#アフリカ 833 2021/3/30
【アルシャバブがジブチ、米仏を非難】

アルシャバブが良いとは思いませんが、言っていることは一理あるような。
ジブチは地理的に重要な場所で外国軍の軍事拠点になっていて、日本もジブチにいるんですね。
調べてみたら海上自衛隊がジブチに基地を置いて海賊退治なんかをしているようです。
---
・ソマリのジハーディストグループのアルシャバブのリーダーが土曜夜にジブチの
 「アメリカ、フランスの利益」に攻撃を呼びかけ
 
・4月9日のジブチ大統領選まで2週間を切っている
 ->イスマイル・オマル・ゲレ大統領は1999年から現職、5期目を狙う

・アルシャバブは大統領を批判
 ->ジブチを「東アフリカのムスリムに対するすべての争いの軍事拠点とした」として
 ->ジブチにおける「アメリカとフランスの利益を最優先にしている」

・ジブチは地理的にアフリカ、アラビア半島両方への入り口となっており、外国部隊の拠点となっている

・旧フランス領であり、アフリカ最大のフランス基地で1500名の兵士
 アメリカ軍は4千人の兵士
 
・日本とイタリアもジブチで存在感。中国は2017年から港と軍事基地

・アルカイダ系アルシャバブと戦うアフリカ連合の派遣団も

Al-Shabaab calls for attacks on U.S, French interests in Djibouti
https://www.africanews.com/2021/03/29/al-shabaab-calls-for-attacks-on-u-s-french-interests-in-djibouti/

このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース複数サイトから気になるニュースを1つ選んで
自分で日本語で要約して投稿してます。

ニュース鮮度は良いかと思いますが、翻訳間違いや内容間違いを含んでいる可能性があります。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。
記事に対するコメント、ご意見、感想お待ちしてます!元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!
応援はとても嬉しいです。

-AfricaNews, イベントスケジュール/ブログ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2021 All Rights Reserved.