Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

東京タワー前、路地裏に隠れてるカフェ。 異国の空間でコーヒーの香りと共に 少しの時間ホッとしませんか。アフリカとメンタルヘルスなど。

AfricaNews イベントスケジュール/ブログ

2021年5月1週のアフリカニュース:カメルーンのUFCチャンプ、モロッコでコロナ大量逮捕、Googleアフリカ奨学金、アフリカ系宇宙飛行士、ニジェール教育改革、ガボンの輸出データ

投稿日:

2021/4/28-2021/5/4にシェアしたアフリカニュースです。

Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

大きな数字の話が多く、
モロッコではコロナ対策違反で累計150万人も逮捕、
Googleがアフリカの開発者対象に4万人規模の奨学金、
ガボンの輸出は資源系で中国、アメリカ、トリニダード・ドバゴ、日本向けなど。

夢のある話では
アメリカの総合格闘技UFCのチャンピオンにカメルーンの方、凱旋帰国の話、
アフリカ系アメリカ人宇宙飛行士の話、
ニジェールの新大統領が教育改革に力を入れる話など。

#アフリカ 860 2021/4/28
【UFCチャンプがカメルーンに凱旋帰国】

UFCはアメリカの総合格闘技のようですが、そこで優勝したNgannouさんがカメルーンへ凱旋帰国。
ポジティブなカオスとのことですが、
動画の後半で地元のみなさんがものすごく喜んでカオスになってます(笑)。楽しそう
地元の方と比べても体大きいですね。
---
・UFC:アメリカ総合格闘技のヘビーウェイト級で初のアフリカ人チャンピオンとなった
 カメルーンのFrancis Ngannou

・3/27のラスベガス戦ではセンセーショナルな6分ノックアウトを見せた
・母国で出迎えた人々に対して謙虚に挨拶
 「3年前にはうまく行きませんでしたが、ベルトを持って帰ると約束しました。みなさんのお陰です」

・元ボクサー。2013年にパリへ、そして総合格闘技へ。34歳
 「ついていない人生でもあきらめずに夢が叶った若者の話だ」
 
・街はポジティブなカオスに
・現地レポーター「Doualaの通りは幸せで満ちた。みな彼に触りたがり、トロフィーに触りたがった」

MMA UFC heavyweight champion Francis Ngannou back in Cameroon!
https://www.africanews.com/2021/04/26/mma-ufc-heavyweight-champion-francis-ngannou-back-in-cameroon/

#アフリカ 861 2021/4/29
【モロッコ コロナ対策違反で150万人逮捕】

モロッコはコロナ対策違反でこの9か月で150万人を逮捕。1日当たり5700人。

モロッコ人口は3600万人なので人口の4%を逮捕したのでしょうか。拘留してるように読めるので留置所でクラスタ大発生しそうです。
数字間違ってるのかしら・・?
---
・コロナ予防措置違反で150万人以上を逮捕
 ->昨年7月から今年4月の9か月間
 ->毎日5700人を逮捕
 ->大きい数字に見えるが警察が頑張ってる証拠

・逮捕者のうち28万人が起訴予定、拘留者のたった18%

・昨年3月の緊急事態宣言が感染を抑えるのに役立った
 ->抗議運動に参加しないよう当局は警告
 ->パレスティナ運動活動家が議会前に座りこみなど

・野党からは厳しい対策について批判
->ラマダン時期のロックダウンや夜間外出禁止などについて

・モロッコのコロナ感染者は51万人、49.6万人回復、9千人死亡

Morocco has arrested over 1.5m for covid breaches
https://www.middleeastmonitor.com/20210428-report-morocco-has-arrested-over-1-5m-for-covid-breaches/
More than 1.5 million people arrested for Covid breaches
https://www.africanews.com/2021/04/28/morocco-more-than-1-5-million-people-arrested-for-covid-breaches/

#アフリカ 862 2021/4/30
【Googleがアフリカで4万人の開発者奨学金】

Googleがアフリカの開発者、スタートアップ支援にコミットしてます。
お金があるって素晴らしい!と思います(笑)

スタートアッププログラムではナイジェリア、ケニアからの選出が多く、また開発者コミュニティ活動にも力を入れてるそう。
---
・Googlはアフリカの開発者向け奨学金4万人分を発表
 ・アンドロイド、クラウド開発認定を含むものでトップ1000人の学生に
 ・テック系人材会社と提携

・アフリカのスタートアップアクセラレーションプログラムも引き続き継続
 ->パンデミックのため昨年からフルオンラインで3か月コース
 ->アフリカ7か国から20のスタートアップが参加
 ->ナイジェリアから8社、ケニアから6社、南アから2社、ガーナ、チュニジア、エチオピア、ジンバブエから各1社
 ->エジプト、セネガル、タンザニア、ウガンダからも選出予定
 
・Googleは開発者コミュニティ活動も促進
 ->サブサハラアフリカの25か国で120以上のコミュニティ
 
・Googleサブサハラアフリカの責任者Nitin Gajria氏
 「アフリカの経済変革にアフリカの開発者とスタートアップは大きな役割を果たす。
  アフリカのデジタルの可能性を強く認識しており、ゆえにGoogleはアフリカのスタートアップ支援にコミットしている」

Google to offer 40,000 developer scholarships in Africa; continues accelerator program
https://techcrunch.com/2021/04/29/google-to-offer-40000-developer-scholarships-in-africa-continues-accelerator-program/

#アフリカ 863 2021/5/1
【初のアフリカ系アメリカ人宇宙飛行士】

野口さんの同僚にあたるのだと思いますが、アフリカンアメリカンの宇宙飛行士の方。
強風で帰還が遅れているようですが、明日戻るよう。

もともとは政治、立法の世界にいたようで、宇宙飛行士ってバックグラウンドが幅広いのでしょうか。

動画の最後でみなさん靴は履かないけど靴下は履いていて、家の中みたいな感じなんでしょうかねw
---
・Victor Glover氏45歳はSpaceXクルー1の宇宙飛行士

・黒人としては15番目の宇宙飛行士で、ISSに長期間滞在した黒人としては初

・ロサンゼルス出身、カリフォルニア工科州立大学でレスリングとサッカーを経験
・2013年にNASAの宇宙飛行士に選ばれた。それまでは上院議員の法律担当

・11/16からISSに滞在
・黒人史記念月間の2/24にはハリス副大統領とビデオ対談
・4人のクルーは5/1にフロリダ沖のメキシコ湾に帰還予定、強風予報のため遅れている

・次はNASAの月着陸プログラムの18人メンバーの1人として訓練予定

Victor Glover: 1st African-American NASA astronaut and SpaceX Crew Dragon pilot
https://www.africanews.com/2021/04/30/victor-glover-1st-african-american-nasa-astronaut-and-spacex-crew-dragon-pilot/

#アフリカ 864 2021/5/2
【ニジェールのモハメド・バズム新大統領は教育改革が最優先】

先月4月に新大統領となったニジェールのバズム氏。教育改革を最優先事項としているようです。

国を発展させるには教育が一番早いとは思いますが、記事にもあるようにそれぞれの方向性が違うと大変ですよね。
例えばニジェールの場合だと、旧宗主国フランス寄りの教育、イスラム教寄りの教育、ニジェールとしての教育、とかあるんでしょうかね
---
・ニジェールの新大統領Bazoum Mohamedは学校教育を最優先事項に挙げた
 ->今後数年で教育システム関係者、技術面、財務面の関係者らへビジョンを説明
 
・過去30年各政権は取り組んできたが管理面、インフラ面に乏しく教育のレベル、質は低下
 ->大統領は教師の改善プロジェクトに取り組む

・教師団体の広報担当:各々の方向性が異なり、それぞれに進んでしまう。共通目標を持って進めなければ。

Niger: President Mohamed Bazoum makes education reform priority
https://www.africanews.com/2021/05/01/niger-president-mohamed-bazoum-makes-education-reform-priority/

#アフリカ 865 2021/5/4
【ガボンの輸出データ】

何気に面白かったガボンの輸出情報。
ほとんどニュースに出て来ない国なので、ガボンどこだっけ?と地図を見ましたが中部アフリカですね。アンゴラの上、コンゴの左隣り、海沿いの国です。

輸出先トップが中国、アメリカは納得ですが3位が中南米のトリニダードドバゴ(すごく意外)、4位が日本。

輸出品目は炭化水素hydrocarbon。何ですかそれ、と調べたところ石油、天然ガスの元(?)。アンゴラも産油国ですし石油の多いエリアなんでしょうね。

旧宗主国フランスは輸出先トップ10には入っておらず、脱植民地を果たしているというか、売れる製品があれば旧宗主国に頼らなくていいということなんですかね
---
・国際貿易センターのデータ
  ->ガボンの最大輸出先:1位中国、2位アメリカ、3位トリニダードドバゴ

・2009年から2020年で累計160億円の貿易黒字
 ->中国が年44%の伸び、2019年で世界市場でのガボン製品の63%を購入

・輸出品の74%は炭化水素hydrocarbon。そのほか木材など

・輸出先トップ10には日本、オーストラリア、インド、スペイン、韓国、マレーシア、イタリア
 旧宗主国フランスはランク外

China is Gabon's leading trade partner for a decade
https://www.africanews.com/2021/04/28/china-is-gabon-s-most-profitable-trading-partner-from-2009-to-2020/

このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース複数サイトから気になるニュースを1つ選んで
要約してシェアしてます。

ニュース鮮度は良いかと思いますが、翻訳間違いや内容間違いを含んでいる可能性があります。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。
記事に対するコメント、ご意見、感想お待ちしてます!元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!
応援はとても嬉しいです。

---
その他:アマゾンで触れられるアフリカということで
こんな本がありました。(読んでませんが)

-AfricaNews, イベントスケジュール/ブログ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2021 All Rights Reserved.