Blue Baobab Africa Online ブルー バオバブ アフリカ オンライン

アフリカや語学、メンタルヘルスなどに興味のあるオンラインの活動体です

AfricaNews イベント/記事

2021年9月2週のアフリカニュース:アフリカ熱帯雨林の炭素、ラクダミルク、ギニアクーデター、南アの葬儀アプリ、サハラ砂漠ガイド、南アワクチンパスポート、ケニア野生写真

投稿日:

2021/9/8-2021/9/14にシェアしたアフリカニュースです。

Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。


この週のアフリカニュースは
アフリカの熱帯雨林は想定よりも沢山の炭素を保持していたという話、
ラクダのミルクの話、
ギニアのクーデターの背景、
南アフリカで葬儀アプリを開発、
サハラ砂漠のガイド(写真が素敵)、
南アでワクチンパスポートが始まる話、
ケニアマサイマラの写真など。

#アフリカ 980 2021/9/8
【アフリカの熱帯雨林の山 想定よりも多くの炭素保持】

アフリカの熱帯雨林の山は大きな木が多く、想定よりも沢山の炭素を保持しているという調査結果。温暖化を止めるには森が炭素を貯蔵しておくのが大事なようです。
良い話かと思いましたが、熱帯雨林の減少が進んでいるので想定よりも多くの炭素が放出されたはず、という話でした。
こういう世界もまだよく分からない部分が多いようですね。分かりつくした上でアレコレ言ってるのかと思ってました
---
・熱帯雨林は地球の肺であり、光合成により酸素増加、2酸化炭素削減で温暖化を止めるのに役立つ
  アマゾンやボルネオなど
  
・高地では木の成長がゆっくりだったり、小さい木が多いので炭素貯蓄量は少なくなると思われていた
->しかし今回のアフリカ熱帯雨林の山での調査では低地よりも炭素貯蓄量が多かった

・アフリカの熱帯雨林は他と比べて木の本数は少ないが、大きな木が多いため
->象が小さな木を食べることで別の大きな木が育つのかと思ったが
 アフリカではハリケーンや火山が少ないので大きく育つのかも
 
・アフリカの熱帯雨林はこの20年で80万ヘクタール減少、主にコンゴ民主、ウガンダ、エチオピア

・思ったよりも炭素貯蓄量が多いということは熱帯雨林減少により想定よりも多くの炭素が放出されている

African tropical mountain forests store far more carbon than previously thought ? new research
https://theconversation.com/african-tropical-mountain-forests-store-far-more-carbon-than-previously-thought-new-research-167145

#アフリカ 981 2021/9/9
【アフリカのラクダミルク】

牛乳よりも栄養価の高いというラクダのミルク。ケニアが最大の生産国だそう。
飲んでみたいですが、美味しくはないようですね。
鳥取砂丘にもラクダがいると聞いたことがあります
---
・ラクダのミルクには健康上のメリットが多い
 ->様々な病気の予防、栄養素として
 ->牛乳より脂肪分が少なく、アレルギーも起こしにくい。ビタミン、ミネラル豊富

・世界のラクダの8割はアフリカにいる
・課題は輸送と味
 ->牛乳よりも保存が難しく、高価になりがち
 ->産出量も牛より少ない
 ->温めると美味しくない

・オーストラリア、エジプト、サウジアラビア、UAEの研究者グループによる調査

・ラクダミルクは年8%の伸び、世界的に人気に
・2019年のデータによると、世界最大の産出国はケニア。続いてソマリア、マリ、エチオピア、サウジ

Africa in prime position to profit from camel’s milk
https://www.scidev.net/sub-saharan-africa/features/africa-in-prime-position-to-profit-from-camels-milk/

#アフリカ 982 2021/9/10
【ギニアのクーデター ポイント5つ】

先日クーデターのあったギニアですがその背景。
アフリカの他の国でも同じ状況に思えますね
---
・9/5のギニアのクーデター。この後どうなるかは不透明

1. コンデ元大統領政権に民衆は不満。しかし大統領への不満に留まらない
- 貧弱なインフラ、経済成長を目指したが成果は多くない
- 2020年退陣予定が国民投票で3期目に。抗議運動も

2. 国民はクーデター支持、しかし軍を恐れる
 過去の軍事政権では抗議運動も
 
3. 天然資源に富む国だが国民へは分配されない
 世界最大のボーキサイト埋蔵量(アルミニウムの原料)。鉄鉱石も
 ->クーデター後、世界市場で価格上昇
 ->国民にとっては環境破壊の被害
 
4. 民族、言語的に多様
コンデ元大統領のMalinke族と対立するPeul族。小さい部族もたくさん

5. 戦争経験はないが、戦争の因子は多い
 近隣国との紛争、貧困、部族対立の政治、政府の圧政

Guinea has a long history of coups: here are 5 things to know about the country
https://theconversation.com/guinea-has-a-long-history-of-coups-here-are-5-things-to-know-about-the-country-167618

#アフリカ 983 2021/9/11
【南アフリカの起業家 葬儀計画を完結にするアプリ開発】

ギニアのクーデターで驚いたのはこの写真で、
突入したクーデター軍の背後に座っているのがアルファ・コンデ元大統領ですがこの迫力。
ラスボスとその護衛隊にすら見えますよ。物凄く強そう

https://www.theafricareport.com/126162/guinea-where-and-in-what-condition-is-president-alpha-conde-being-held/

今日のニュースはギニアではなく、南アの葬式アプリの話。
---
・「sendoff」アプリ
 業者、価格、場所などワンストップで葬儀手配が出来る

・創業者Zolani Matebeseさん:
 葬儀の手配で各々の業者へ出向き、適切な内容、価格を見つけ出すのに苦労したことから
 アプリを開発
 
・ターゲットは35-45歳:葬儀手配担当になり始める年代
・死について語るのはタブーだったが、そこに風穴を開ける狙いも

South Africa-based entrepreneur creates app to simplify funeral plannings
https://www.africanews.com/2021/09/10/south-africa-based-entrepreneur-creates-app-to-simplify-funeral-plannings/

#アフリカ 984 2021/9/12
【サハラ砂漠の遊牧民ガイド】

サハラ砂漠も行ってみたい場所の一つですが、この写真はいいですね~
中世の巨大交易都市、マリのトンブクトゥのお話です。
---
・マリのトンブクトゥ
  サハラ砂漠のガイド、同時に伝統を守り物語を語る人Ali
  
・トンブクトゥはかつてアフリカでもっとも栄えた貿易路の交差地、豊かな街
 - ニジェール川沿いに塩、金、象牙を運び、ヨーロッパからはリネン、香水、ガラス
 - 16世紀にはロンドンよりも多い10万人の住民
- 200の学校、大学

・今は紛争のため観光不可
 ->しかしAliは砂漠に留まる
 「欧州には水が沢山あるが時間がない。砂漠には水はないが時間がある」

The nomad guide who decodes the Sahara's secrets
https://www.bbc.com/travel/article/20210906-the-nomad-guide-who-decodes-the-saharas-secrets

#アフリカ 985 2021/9/13
【南アのワクチンパスポート計画】

南アフリカでもワクチンパスポートが始まりそうです。先日はナイジェリアの州でワクチンパスポートの話がありましたね。
欧米では偽のワクチンパスポートが売られているなんてニュースを見かけましたが、アフリカでも絶対に偽パスポート出回りそうですね
---
・南アフリカのラマポーサ大統領はワクチンパスポートを導入するつもりだと発表

・経済再開にはワクチンは必須との認識

・新規感染者数は減少しており、規制は緩和へ

・当初ワクチン供給は遅れ、ワクチン不信も広がっている
 南アでは700万人が完全接種済み。成人の1/4が1回は接種済み
 来月までに2/3が接種する目標

South Africa announces COVID 'vaccine passport' plans
https://www.africanews.com/2021/09/13/south-africa-announces-covid-vaccine-passport-plans/

#アフリカ 986 2021/9/14
【ケニアでただ一人の旅人のようだった】

ケニアのマサイマラの写真。ロックダウンで予想外に長く滞在することになった英国人が撮った野生動物写真です。
ジャッカルがかわいい
---
・イギリス人の写真家Felix Romeはロックダウンの期間をケニアで過ごした
 
・旅人の消えたマサイマラ自然保護区での時間
  1日8-9時間を自然の中で過ごして写真を撮った

'I felt like I was the only tourist in Kenya': How photographer Felix Rome got the wildlife pictures of a lifetime
https://edition.cnn.com/travel/article/felix-rome-wildlife-photographer-kenya-cmb/index.html

このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース複数サイトから気になるニュースを1つ選んで

要約してシェアしてます。

ニュース鮮度は良いかと思いますが、翻訳間違いや内容間違いを含んでいる可能性があります。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。
記事に対するコメント、ご意見、感想お待ちしてます!元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!
応援はとても嬉しいです。

-AfricaNews, イベント/記事

Copyright© Blue Baobab Africa Online ブルー バオバブ アフリカ オンライン , 2021 All Rights Reserved.