Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

東京タワー前、路地裏に隠れてるカフェ。 異国の空間でコーヒーの香りと共に 少しの時間ホッとしませんか。アフリカとメンタルヘルスなど。

Event イベントスケジュール/ブログ

米国大統領選討論会を読む:無所属の大統領候補者? #英語ニュースで世界を巡る【最新英語に触れる】【勉強会レポート】

投稿日:

世界各地の英語ニュースを読んでみようというコンセプトで、だいたい毎週どこかの英語ニュースを読むイベントを開催していまして、このページはイベントレポート兼、勉強会メモになります。今回のイベントは2020年10月7日に開催しました。

今週はアメリカの大統領選討論会委員会The Commission on Presidential Debates (CPD) のサイトを読んでみました。

THE COMMISSION ON PRESIDENTIAL DEBATES
https://www.debates.org/

9/29にトランプ氏とバイデン氏の一回目の討論会がありましたが、10/7には副大統領同士の討論会です。

同サイトのNewsページには9/29の討論会が酷かったので改善が必要という話や、討論会前のトピックス選定記事などが出てましたので、そこの記事をいくつか読んで余裕があれば過去の討論会スクリプトにも挑戦できたらという予定でした。

大統領選討論会委員会について

まずは「大統領選討論会委員会」は何ぞやということで、About CPD(https://www.debates.org/about-cpd/)を読んでみました。

ミッションが書かれていますが、1980年代に設立された組織で非営利団体、大統領選の討論会を主催する団体ということです。
30年以上の歴史を持つ団体ですね。
途上国などの選挙協力もしてるそう。サイト自体は派手さのない地味なサイトです。

気になった単語は
501(c)(3) アメリカ合衆国の内国歳入法第501条C項の規定により課税を免除される非営利団体(wiki :https://ja.wikipedia.org/wiki/501(c)%E5%9B%A3%E4%BD%93)

「最も一般的なタイプの免税非営利団体は、内国歳入法第501条C項3号に基づく団体(「501(c)(3)」と呼ばれる団体)」だそうです。
普通に文章中に501(c)(3) と出ていたので、普通に分かる人は分かるんだと思います。

symposia symposiumの複数形。シンポジウム、 討論会
 討論会debateの他に、forums という言葉も使われていました。この辺りはだいたい同じ意味合いで互換性があるのだろうと思います。

無所属の大統領候補者?

記事はNewsページの最新記事を読んでみました。
長い文章ではないのですが、「Nonpartisan Candidate Selection Criteria」の解釈を巡って混乱しましたw

記事の内容としては「10月15日の討論会に向けて「Nonpartisan Candidate Selection Criteria」を適用した」という話なのですが、
「Nonpartisan Candidate Selection Criteria」が「無所属の大統領候補者」の選定基準であるとすると、トランプ氏もバイデン氏も無所属ではないはずです。でも討論会にparticipateする人の話をしているようなので、討論会の観客や審査員の選定基準のこと???となりました。

読み進めていくと、やはり「大統領候補者」の話であるようで、結論としては
「無党派の大統領候補か?と言う疑問は無党派の、つまり政治的ニュートラルな選定基準と言う解釈で解決しました」(by 参加者Mさん)。

CriteriaがNonpartisan(無所属、無党派)ということですね。
こういうのは1人でざっと読んでいると流してしまいますが、みんなであーだこーだ言って解決すると達成感があります(笑)。
でもネイティブとかアメリカの大統領選挙の仕組みに詳しい方はパッと分かったりするものなんでしょうか。

また、読後の感想として「基準自体が2019年や2020年と最近作られているということは、トランプの影響、トランプ対策ではないか」と仰っている方がいまして、非常に納得感がありました。トランプ氏の奔放さ(?)への対策としてルールを整備しないといけなくなったということかな、と。

気になった単語:
Nonpartisan 超党派、無所属、無党派
eligible 適格で、適任
general election 総選挙
Electoral College 選挙人団
Gallup ギャラップ アメリカの世論調査及びコンサルティング会社
soundness 健全性
convene 召集する、会合する
drawn upon 活用する
successfully うまく、幸運にも

CPD Applies Nonpartisan Candidate Selection Criteria for Second Presidential Debate, October 5, 2020
https://www.debates.org/2020/10/05/cpd-applies-nonpartisan-candidate-selection-criteria-for-second-presidential-debate/

短い記事なのでパッと読めるかと思っていましたが、内容が難しく1記事読んで終わりになりました。
過去の討論会スクリプトなんかも読んでみたかったのですが、またの機会で。
ご興味ある方は以下どうぞ。

■過去の討論会のページ
https://www.debates.org/debate-history/

■参考:1960年のケネディvsニクソンの討論会スクリプトなんかもありました
https://www.debates.org/voter-education/debate-transcripts/september-26-1960-debate-transcript/

次週読むのは

次週10月14日水曜の会ではイスラエルのThe Jerusalem Postを読んでみたいと思います。

サイトはこちら
The Jerusalem Post
https://www.jpost.com/

イベント詳細、お申込みはこちらをどうぞ。
https://www.meetup.com/Language-Exchange-%E8%A8%80%E8%AA%9E%E4%BA%A4%E6%8F%9B-with-%E8%8B%B1%E8%AA%9E-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%AA%9E-Meetup-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%A5%9E%E8%B0%B7%E7%94%BA/events/273791646/

ご参加お待ちしております!

-Event, イベントスケジュール/ブログ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2020 All Rights Reserved.