Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

神谷町のお1人様歓迎のそろカフェです。東京タワーの麓でアフリカとメンタルヘルスと色々のごちゃ混ぜを。

BOOK イベントスケジュール/ブログ

毎日英文和訳:原書で読む「シャーロックホームズの冒険」コナン・ドイル The Adventures of Sherlock Holmes by Arthur Conan Doyle その4

投稿日:

The Adventures of Sherlock Holmes by Arthur Conan Doyle
I. A SCANDAL IN BOHEMIA 
「シャーロックホームズの冒険」コナン・ドイル 
1.ボヘミアのスキャンダル 

twitterでの毎日英文和訳(@lang_baobab)のまとめページ、4ページ目です。
2019/1/30から3/16投稿分です。
(まとめタイミングは毎日ではありませんので、毎日読みたい方はtwitterをどうぞ)

第一章終了です。約三か月かかりました。がホームズ面白い!

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 045
“I think that I had better go, Holmes.”

“Not a bit, Doctor. Stay where you are. I am lost without my Boswell. And this promises to be interesting. It would be a pity to miss it.”

“But your client-”

「ホームズ君、私はもう失礼した方がいいよね」
「いや、そんなことないさ。居てくれ。相棒無しではうまく行かないよ。
それにこの事件は間違いなく面白い。見逃したら損だよ」
「でも君の依頼人はー」

Boswell n.ボズウェル 《1740‐95; スコットランドの伝記作家・弁護士》

当時英国では有名なBoswellさんなんだろうけど、こういう固有名詞も困る。
相棒、にしました。伝記作家というイメージのある一般名詞が良さそうだけど、良いの浮かばず。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 046
“Never mind him. I may want your help, and so may he. Here he comes. Sit down in that armchair, Doctor, and give us your best attention.”

A slow and heavy step, which had been heard upon the stairs and in the passage, paused immediately outside the door. Then there was a loud and authoritative tap.

“Come in!” said Holmes.

「気にするな。私は君に手伝って欲しいし、依頼人だってそうだろう。ほら来るよ。
椅子に座って聞いててくれ、ワトソン君」
ゆっくりと重い足取りが階段と廊下から聞こえ、ドアのすぐ向こう側で止まった。
大きな重々しいノックが聞こえた。
「どうぞ」ホームズは言った。

may av.許可(してよい)、推量(かも)、譲歩(してもいいが)、可能性(かも)、目的・結果の副詞句で(するため)、祈願(願わくば)
immediately ad.直ちに、直接、すぐ近くに
authoritative a.権威のある、厳然たる

mayって意味が弱くて訳しにくい

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 047
A man entered who could hardly have been less than six feet six inches in height, with the chest and limbs of a Hercules. His dress was rich with a richness which would, in England, be looked upon as akin to bad taste. Heavy bands of astrakhan were slashed across the sleeves and fronts of his double-breasted coat, while the deep blue cloak which was thrown over his shoulders was lined with flame-coloured silk and secured at the neck with a brooch which consisted of a single flaming beryl.

入ってきた男は6フィート6インチ(2メーター)はあり、ヘラクレスのような体だった。
洋服は高価なもので、英国では悪趣味と見なされかねないような豪華さだった。
アストラカン織りの重そうなベルトが袖とダブルのコートを横切り、
肩から垂れる深青のマントは赤いシルクのラインが入り、首元は一つの燃えるような緑柱石のブローチが飾っていた。

1フィート 0.3m
1インチ 30cm
Hercules n.ヘラクレス、大力無双の人
limb n.肢
akin a.類似して
look upon 思う、見なす
astrakhan n.アストラカン(織り)(ロシアカスピ海北岸の子羊の黒皮)
double-breasted a.2列ボタン式の、ダブルの
beryl n.緑柱石

知らない単語が多くてきつかった。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 048
Boots which extended halfway up his calves, and which were trimmed at the tops with rich brown fur, completed the impression of barbaric opulence which was suggested by his whole appearance.

ブーツは膝まで伸び、上部は豊かな茶色い毛皮で飾られ、
彼の全身は洗練されていない豪華さという印象を与える形で完成されていた。

extend v.広げる、伸ばす
extendとexpandの違い:どっちも「のばす」にはかわりないが、
pandは面積を広げるイメージ、
tendはひもを引っ張るイメージ
https://je.at.webry.info/201203/article_8.html

barbaric a.野蛮人のような、洗練されていない
opulence a.豪華さ、絢爛

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 049
He carried a broad-brimmed hat in his hand, while he wore across the upper part of his face, extending down past the cheekbones, a black vizard mask,

手には大きなツバの帽子を持ち、
顔の上部から頬骨下まで広がる黒皮のマスクを付け、

brim n. 縁、つば v. いっぱいに注ぐ、あふれそうになる

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 050
which he had apparently adjusted that very moment, for his hand was still raised to it as he entered. From the lower part of the face he appeared to be a man of strong character, with a thick, hanging lip, and a long, straight chin suggestive of resolution pushed to the length of obstinacy.

そのマスク今まさに付けたばかりのようで、
というのは彼が入ってきた時、手はまだ上がっていたからだ。
顔の下半分を見るに、厚く垂れた唇と長くまっすぐな顎は彼の頑固さを表しているような、強い男性のようだった。

resolution n.解決、決意、決断
obstinacy a. 頑固さ

後半部分は同じような言葉が並び、気持ちは分かるが日本語にしにくい。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 051
“You had my note?” he asked with a deep harsh voice and a strongly marked German accent. “I told you that I would call.” He looked from one to the other of us, as if uncertain which to address.

「手紙は届きましたか」低い耳障りな声で、強いドイツ語訛りで彼は尋ねた。
「訪問するとお伝えしたでしょう」彼はどちらに話かけるべきか分からないようで、我々を順に見た。

harsh a.厳しい、荒い
call n.電話、短い訪問

callは現在だと電話の意味が強いと思うが
当時はそうでなかったのかなと思うと面白い。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 052
“Pray take a seat,” said Holmes. “This is my friend and colleague, Dr. Watson, who is occasionally good enough to help me in my cases. Whom have I the honour to address?”

「どうぞお掛けください」ホームズが行った。「こちらは友人で同僚のワトソン医師です。しばしば私の事件を手伝ってくれます。
私はどなたに敬意を示せばよいのです?」

pray ad.どうぞ v.願う
address n.A.言葉、演説、手際、求婚 B.住所、
v.A.話しかける、呼ぶ B.宛名を書く
基本的な意味は差し向ける

prayがこんなところに!と驚いたが、古い使い方。
addressも意味が広くて面白い単語。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 053
“You may address me as the Count Von Kramm, a Bohemian nobleman. I understand that this gentleman, your friend, is a man of honour and discretion, whom I may trust with a matter of the most extreme importance.

「私はボヘミアの貴族、コント ヴァン クラムです。
ご友人というこちらの紳士は、思慮分別のある方ですよね。
極めて重要な事を信用して話すに足る方だと思っています」

nobleman n.貴人、貴族
discretion n.慎重、思慮分別

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 054
If not, I should much prefer to communicate with you alone.”

I rose to go, but Holmes caught me by the wrist and pushed me back into my chair. “It is both, or none,” said he.

「もしそうでなければ、あなたにだけ話をしたいと思います」
私は去ろうと立ち上がったが、ホームズは私の腰を掴んで椅子に引き戻した。
「我々二人にお話し頂くか、話をしないかのどちらかです」と彼は言った。

今日の単語はナシ。ホームズ男前だわ

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 055
“You may say before this gentleman anything which you may say to me.”

The Count shrugged his broad shoulders. “Then I must begin,” said he, “by binding you both to absolute secrecy for two years;

「私に話することは、こちらの紳士の前でも同じように話してください」
カウント氏はその広い肩をすくめた。
「ではお話します」彼は言った。「お2人とも、二年間は完全に秘密を守ることを誓ってください」

may av.してもよい、さしつかえない、かも
bind v.縛る、義務を負わせる、義務付ける、誓う、

mayがここでは、しても良い、の意味だと思うけど
そのまま日本語にすると変な感じ

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 056
at the end of that time the matter will be of no importance. At present it is not too much to say that it is of such weight it may have an influence upon European history.”

“I promise,” said Holmes.

その2年が過ぎたら、もう重要ではないので。
現時点ではヨーロッパの歴史に影響しかねないほどの重い話だと言っても言い過ぎではないでしょう」
「口外しないと約束します」ホームズは言った。

確定申告を片付けるつもりが一日寝てしまってこの時間。。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 057
“And I.”

“You will excuse this mask,” continued our strange visitor. “The august person who employs me wishes his agent to be unknown to you, and I may confess at once that the title by which I have just called myself is not exactly my own.”

「私も誓います」
「この仮面のまま失礼する」と不思議な訪問者は続けた。
「私を雇ったさる高貴な方が、私の正体を隠しておきたいのだ。
そして私が先に名乗った肩書は私の物ではないとお伝えしておく」

august a.威厳のある

Augustは8月だけどaugustはラテン語源の別の単語っぽい。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 058
“I was aware of it,” said Holmes dryly.

“The circumstances are of great delicacy, and every precaution has to be taken to quench what might grow to be an immense scandal and seriously compromise one of the reigning families of Europe.

「ええ、分かっています」ホームズは感情を込めずに言った。
「状況はとても微妙なもので。ヨーロッパに君臨されるとある一族について
大きなスキャンダルや深刻な汚名になるようなことを防ぐため
最善の注意を払わなければならない」

dryly ad.乾燥して、冷淡に
delicacy a.優美、繊細
quench v.抑える、鎮める
immense a.巨大な
compromise n.妥協、折衷案 v.名声を汚す
reigning a.今の、君臨する

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 059
To speak plainly, the matter implicates the great House of Ormstein, hereditary kings of Bohemia.”

“I was also aware of that,” murmured Holmes, settling himself down in his armchair and closing his eyes.

率直に言えば、これはボヘミア王家である偉大なるオームステイン家に関わる話なのだ」
「分かっていました」ホームズは肘掛椅子に座って目を閉じたままつぶやいた。

plainly ad.はっきり、明白に、質素に、簡単に
implicates v.関係する、巻き込む
hereditary a.遺伝的な、世襲の、親譲りの、代々の

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 060
Our visitor glanced with some apparent surprise at the languid, lounging figure of the man who had been no doubt depicted to him as the most incisive reasoner and most energetic agent in Europe.

その訪問者は明らかに驚いた様子で、そのヨーロッパでもっとも鋭い推理をする探偵と評される男が気怠く指をぶらぶらさせているのを見た。

languid a.物憂い、無関心な
lounge v.ぶらぶらする
depict v.描写する
incisive a.鋭い、痛烈な
reasoner n.推論者

今日は知らない単語が多かった。
#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 061
Holmes slowly reopened his eyes and looked impatiently at his gigantic client.
“If your Majesty would condescend to state your case,” he remarked, “I should be better able to advise you.”

ホームズはゆっくり目を開け、その巨大な依頼人をもどかしげに見た。
「もし閣下がこの事件に直接関わるのであれば、ご協力できるでしょう」

gigantic a.巨大な、ぼう大な、巨人のような
impatiently ad.いらいらして,もどかしげに;性急に
condescend v.謙遜する、へりくだる、身を落としてーする

ホームズのセリフが単語は難しくないけど、難しい文で困る。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 062
The man sprang from his chair and paced up and down the room in uncontrollable agitation. Then, with a gesture of desperation, he tore the mask from his face and hurled it upon the ground. “You are right,” he cried;

彼は椅子から飛び上がり、動揺を隠せない様子で部屋を歩き回った。
そして、自暴自棄になってマスクを引きはがし、床に投げ捨てた。
「その通りだ」彼は叫んだ。

agitation n.動揺,興奮.扇動
desperation n.自暴自棄、捨てばち、やけ、死に物狂い
tore tearの過去形 破く、離す 1.涙
hurl v.投げつける

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 063
“I am the King. Why should I attempt to conceal it?”
“Why, indeed?” murmured Holmes.

「私は王である。どうして隠さないといけないのか?」
「実際どうしてなんです?」ホームズは呟いた。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 064
“Your Majesty had not spoken before I was aware that I was addressing Wilhelm Gottsreich Sigismond von Ormstein, Grand Duke of Cassel-Felstein, and hereditary King of Bohemia.”

「私がカッセル フェルステイン君王であり、ボヘミア王であられる
ウィルヘルム ゴットスレッチ シギズモンド ヴォン オルムスティン公だと
閣下が仰る前に気が付きましたよ」

Grand Duke 大公

名前の読みがツラい。
had not spoken beforeも分からなかった。気が付く前に言わなかったね、と責めてるのかと思ったら
何も言わないうちに気が付いてたよ、となるのか。訳的にはbeforeが前に付く感じ。ムズイ。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 065
“But you can understand,” said our strange visitor, sitting down once more and passing his hand over his high white forehead, “you can understand that I am not accustomed to doing such business in my own person.

「でも分かるだろう」その奇妙な訪問者は再び腰掛け、上品な白髪の額に手をやり言った。
「私が自分でこういった事柄を扱うのに慣れていないというのは分かるだろう。

high a.高い、高貴な、上等な
forehead n. 額, 前額部

背が高いから高い額なのか、高貴な、の意味か迷った。
whiteも白髪なのか、皮膚が白いのか。
foreheadが額なら存在するのは皮膚な気がするけど
前頭部であれば髪でもいいし、と迷いだすと迷う。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 066

Yet the matter was so delicate that I could not confide it to an agent without putting myself in his power. I have come incognito from Prague for the purpose of consulting you.”

しかし事態はとても微妙なものであるから、代理人を信頼して秘密を打ち明けることが出来なかったのだ。
あなたに相談するためにプラハから変装してきたのだ。

confide v.信じる、秘密を打ち明ける
incognito a.変名の、お忍びで

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 067
“Then, pray consult,” said Holmes, shutting his eyes once more.

“The facts are briefly these: Some five years ago, during a lengthy visit to Warsaw, I made the acquaintance of the well-known adventuress, Irene Adler.

「それではご相談に乗ってさしあげましょう」ホームズは再び目を閉じながら言った。

「端的に申し上げると、5年ほど前、ワルシャワ長期滞在中に有名な冒険家であられるアイリーン・アドラー女史と知り合ったのです」

lengthy a.長い、くどくどとした
adventuress 冒険家、投機家 adventurerの女性形

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 068
The name is no doubt familiar to you.”
“Kindly look her up in my index, Doctor,” murmured Holmes without opening his eyes.

彼女の名はよくご存じだろう」
「ワトソン君、私の資料から彼女を探してもらえるかい」目を開けずにホームズはつぶやいた。

index n.索引、メモリ、指数
look up 見上げる、上向く、訪問する

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 069
For many years he had adopted a system of docketing all paragraphs concerning men and things, so that it was difficult to name a subject or a person on which he could not at once furnish information.

何年にも渡って彼は、人や物事の記事を一覧化するシステムを取り入れてきた。
だからパッと情報を出せない人物や事柄を挙げるのは難しいくらいだった。

adopt v.採用する、養子にする
docket n,v 荷札、内容一覧
paragraphs n.記事、パラグラフ
furnish a.供給する、取り付ける

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 070
In this case I found her biography sandwiched in between that of a Hebrew rabbi and that of a staff-commander who had written a monograph upon the deep-sea fishes.

“Let me see!” said Holmes.

この時私はハービュー ラビと深海魚についての論文を書いた研究者の間に彼女の情報を見つけた。
「見せてくれ」ホームズは言った。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 071
“Hum! Born in New Jersey in the year 1858. Contralto?hum! La Scala, hum! Prima donna Imperial Opera of Warsaw?yes! Retired from operatic stage?ha! Living in London?quite so!

「ほう、1858年のニュージャージー生まれか。ふむ、コントラルト歌手か、スカラ座、と。
ワルシャワ国立オペラ劇場のプリマドンナ、よし。
オペラからは引退し、ロンドン住まい、と。なるほどね。

Contraltoj n.コントラルト歌手(アルトより低音)

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 072
Your Majesty, as I understand, became entangled with this young person, wrote her some compromising letters, and is now desirous of getting those letters back.”
“Precisely so. But how?”
“Was there a secret marriage?

閣下、私の理解ですと、この若い方との関係があり、名誉を傷つけかねない手紙を彼女に送り、
その手紙を取り戻したいわけですね」
「全くだ。しかしどうやって」
「実際に秘密の関係はおありだったんでしょうか?」

entangle v.巻き込まれる、絡まれる
compromising a.名誉を傷つける、疑わしい
desirous a.望んで

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 073
“None.”
“No legal papers or certificates?”
“None.”
“Then I fail to follow your Majesty. If this young person should produce her letters for blackmailing or other purposes, how is she to prove their authenticity?”

「いや」
「法的な契約書や証明書は?」
「無い」
「ちょっと分からなくなりましたが、閣下、
この若い方が手紙を使って脅迫するなら、彼女はどうやって信憑性を担保するんです?」

authenticity n.信憑性

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 074
“There is the writing.”
“Pooh, pooh! Forgery.”
“My private note-paper.”
“Stolen.”
“My own seal.”
“Imitated.”
“My photograph.”
“Bought.”
“We were both in the photograph.”

「手紙があるんだ」
「いやいや、偽造したんでしょう」
「私専用の特注紙なんだ」
「盗まれたんでしょう」
「私の印があるんだ」
「模写でしょう」
「私の写真があるんだ」
「買ったんでしょう」
「一緒に写真に写っているんだ」

Forgery n.偽造

会話のリズムが良くて楽しい。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 075
“Oh, dear! That is very bad! Your Majesty has indeed committed an indiscretion.”
“I was mad?insane.”
“You have compromised yourself seriously.”
“I was only Crown Prince then. I was young. I am but thirty now.”
“It must be recovered.”

「ああ、閣下、それはまずい。実に軽率なことをしましたね」
「その時はおかしくなってたんだ。。」
「実に信用を落とす行為ですよ」
「その時はまだ王子だったんだ。若かった。しかし今や30歳だ」
「なんとかすべきですね」

indeed ad.実に、まったく、本当に
indiscretion a.無分別にこと、軽率な言動
compromise v.妥協する

厳しく言う時はハッキリ言うホームズ。
compromise oneselfが難しく、weblioの例文にも無かった。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 076
“We have tried and failed.”
“Your Majesty must pay. It must be bought.”
“She will not sell.”
“Stolen, then.”
“Five attempts have been made. Twice burglars in my pay ransacked her house. Once we diverted her luggage when she travelled.

「それが上手く行かなかったんだ」
「閣下、お金で解決です。彼女から買いましょう」
「彼女は売らないよ」
「では盗みましょう」
「5回もやったんだ。私のポケットマネーで雇った強盗が家中物色したこと2回。
彼女の旅行中に荷物を奪ったこと1回。

ransacke v.物色する
divert v.流用する、そらす

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 077
Twice she has been waylaid. There has been no result.”
“No sign of it?”
“Absolutely none.”
Holmes laughed. “It is quite a pretty little problem,” said he.
“But a very serious one to me,” returned the King reproachfully.

待ち伏せすること2回。無駄に終わった」
「なんの手掛かりも無し?」
「全く無かった」
ホームズは笑った。「全くもって困りましたね」彼は言った。
「しかし私には実に深刻な問題なのだ」恨めし気に王は返す。

waylay v.待ち伏せ
reproachfully ad.恨めしそうに

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 078
“Very, indeed. And what does she propose to do with the photograph?”
“To ruin me.”
“But how?”
“I am about to be married.”
“So I have heard.”
“To Clotilde Lothman von Saxe-Meningen, second daughter of the King of Scandinavia.

「ええ、実にそうですね。で彼女はこの写真でどうするつもりなんでしょう?」
「私を破滅させる気だ」
「でもどうやって?」
「もうすぐ結婚するのだ」
「ええ聞きました」
「スカンジナビア王の二番目の娘、クロティルド ロットマン ヴァン サクス-メニジェンと」

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 079
You may know the strict principles of her family. She is herself the very soul of delicacy. A shadow of a doubt as to my conduct would bring the matter to an end.”
“And Irene Adler?”
“Threatens to send them the photograph.

厳格な一家だということはご存知だろう。
彼女自身もとても繊細な方だ。
私の戯れの噂がちらっとでも耳に入れば、終わりを迎えるだろうね」
「そしてアイリーン・アドラーは?」
「写真を送りつけると脅している。

principle n.原理、主義

(She) threatens ・・・の主語省略形かと思うが、なんでここで省略するのか?
ホームズのセリフIrene Adlerに続けての文?

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 080
And she will do it. I know that she will do it. You do not know her, but she has a soul of steel. She has the face of the most beautiful of women, and the mind of the most resolute of men.

彼女はきっとやる。やると分かっている。
彼女をご存知ないかと思うが、彼女は鋼の心を持っているのだ。
大変美しい女性という面を持ちつつ、毅然とした男性の心を持っている。

resolute a.断固とした、毅然とした

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 081
Rather than I should marry another woman, there are no lengths to which she would not go?none.”
“You are sure that she has not sent it yet?”
“I am sure.”
“And why?”

私が他の女性と結婚しようものなら、どんなことでもしかねない。どんなことでも。」
「彼女がまだ送り付けていないのは確かなんです?」
「そう思う」
「なぜ?」

length n.長さ、程度
go all [any, great] lengths=go to any length(s) [great lengths] どんな事でもしかねない

no lengths が難しくて翻訳文もチェックしたが分かる気がしない。
noとanyやgreatは逆方向の単語に思えるけど。2重否定で強調してる?

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 082
“Because she has said that she would send it on the day when the betrothal was publicly proclaimed. That will be next Monday.”
“Oh, then we have three days yet,” said Holmes with a yawn.

「婚約が正式に発表になるその日に送り付けると言っているんだ。そしてそれは次の月曜なのだ」
「ああ、ではまだ3日もありますね」とホームズはあくびをしながら言った。

betrothal n.婚約
proclaim v.宣言する、公布する

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 083
“That is very fortunate, as I have one or two matters of importance to look into just at present. Your Majesty will, of course, stay in London for the present?”
“Certainly.

「ラッキーですよ、私まいま重要な仕事を一つ二つ抱えてますから。
閣下、もちろん当面はロンドンにいらっしゃいますよね?」
「もちろん。

for the present 当分

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 084
You will find me at the Langham under the name of the Count Von Kramm.”
“Then I shall drop you a line to let you know how we progress.”
“Pray do so. I shall be all anxiety.”
“Then, as to money?”
“You have carte blanche.”

ランガムホテルにフォン・クラム伯爵という名で滞在している」
「では進捗状況をお知らせするよう、手紙を出しましょう」
「ぜひとも。全く心配であるから」
「ところで、お金はどうしますか?」
「お任せする」

Count n.(英国以外の)伯爵
carte blanche に白紙(全面)委任する

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 085
“Absolutely?”
“I tell you that I would give one of the provinces of my kingdom to have that photograph.”
“And for present expenses?”
The King took a heavy chamois leather bag from under his cloak and laid it on the table.

Absolutely ad.きっぱりと、全く、完全に
province n.領土
chamois a.シャモア、セーム皮製の
cloak a.マント

昨日の
carte blanche に白紙(全面)委任する
はフランス語だけどcarte は地図、blancheは白、
直訳だと白い地図。

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 086
“There are three hundred pounds in gold and seven hundred in notes,” he said.
Holmes scribbled a receipt upon a sheet of his note-book and handed it to him.
“And Mademoiselle’s address?” he asked.

「ここに金が300ポンドと700ドルの現金がある」彼は言った。
ホームズはノートに領収書を書き、彼に手渡した。
「でそのご令嬢のご住所は?」と聞いた。

pound n.重量、通貨の単位 0.4キロ
note n.ノート、手紙、紙幣、手形
 参考:小切手 check:勘定書、領収書
 
日本語レベルでも使ったことないので手形と小切手の違いが曖昧。
英米でも時代によっても意味合い違いそうだし、この辺の用語はムズイ

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 087
“Is Briony Lodge, Serpentine Avenue, St. John’s Wood.”
Holmes took a note of it. “One other question,” said he. “Was the photograph a cabinet?”
“It was.”
“Then, good-night, your Majesty,

セントジョンの森、サーペンタイン通りのブリオニィロッジだ」
ホームズは書き留めた。「一つ質問が」彼は言った。
「その写真はキャビネット版サイズですか?」
「そうだ」
「分かりました。ではおやすみなさい、閣下」

cabinet a,n.キャビネット版の、飾り棚、内閣

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 088
and I trust that we shall soon have some good news for you. And good-night, Watson,” he added, as the wheels of the royal brougham rolled down the street.

すぐに良いニュースをお知らせ出来ると思います。
ワトソン君もおやすみ」と高貴な馬車が通りを下っていく音を聞きながら彼は言った。

brougham n.ブルーム型馬車
roll down 巻きながら下す

ようやく明日で第一章終わりそう。進みが遅いので時間かかるが面白い。
ブルーム型馬車は再出だったが記憶になかった。
接続詞のasはよく見かけるが、日本人には難しく感じる

#SherlockHolmes #シャーロック・ホームズ 089
“If you will be good enough to call to-morrow afternoon at three o’clock I should like to chat this little matter over with you.”

be good enough to 親切にもーする
should like to -したい

原文はこちらから:http://www.gutenberg.org/files/1661/1661-h/1661-h.htm
単語を調べるのはweblioを利用しています:https://ejje.weblio.jp/

-BOOK, イベントスケジュール/ブログ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2019 All Rights Reserved.