Blue Baobab Africa Online ブルー バオバブ アフリカ オンライン

アフリカや語学、メンタルヘルスなどに興味のあるオンラインの活動体です

English_TIPS Event イベント/記事

アメリカ議事堂襲撃をWikiで読む:暴動系の単語を押さえる 【最新英語ニュース】【勉強会レポート】

更新日:

世界各地の英語ニュースを読んでみようというコンセプトで、だいたい毎週どこかの英語ニュースを読むイベントを開催しています。
今週は2021年1月13日水曜開催、アメリカ議事堂の乱入事件についてのWikiを読みました。

先週起きたこの事件について、どのメディアで読むか悩ましかったのですが「capitol riots」の検索で上位に出てきたwikiで。
wikiは信頼性に欠けるとも言われますが、このページは昨日時点で「too long」との注意書きが表示されるほどのボリュームでReferencesも600以上。情熱ある人達がいるものです。

2021 storming of the United States Capitol
https://en.wikipedia.org/wiki/2021_storming_of_the_United_States_Capitol

進行形の事件だと断片的なニュースが多くなりますが、こちらのwikiは情報が整理されて分かりやすかったです。
読んだのは冒頭部分だけですが、英文はシンプル、暴動系のニュースで見かける単語がてんこ盛りでした。ここを抑えておけば暴動ニュースは読めそうです。

気になった単語など

capitol(kˈæpəṭl)  国会議事堂
首都、資本のcapital(kˈæpəṭl)と発音記号同じですね。これは紛らわしい。確かにニュースでもキャピタルって言ってるように聞こえました。文脈で判断です。

capitolの語源は「ラテン語 caput 「頭」」から、
capitalの語源は「ラテン語「頭に関する,生命にかかわる」の意」とありましたので、多分同じ語源でしょう。

storm 嵐、荒れる、暴れまわる、突進する
riot(rάɪət) 暴動、大混乱
congress 議会、国会

mob 暴徒、下層民、仲間
 ダンスモブのモブはこの単語でしょうか

breach 違反、不破、突破口、破る
perimeter 境界線、周囲の長さ
vandalize 故意に破壊する
loot 略奪する、横領する
assault 急襲、暴行
incitement 煽動、刺激
insurrection 暴動、反乱

like hell 死に物狂いで、必死に
trial by combat 決闘裁判(両当事者が決闘を行うゲルマン法の方式)

erect 立てる、建設する
gallows 絞首台、絞首刑
複数形で使うようです

locate 置く、位置を突き止める
lawmaker 立法者
chamber 議会、会議所、公式の間
 cf.商工会議所はChamber of Commerce and Industry

past interior security
 interior 内側の、国内の
 security 安全、警備、担保、有価証券
securityには資産という意味もあるそうで、「過去の国内の資産」というような意味のよう。
(昨日読んだ際にはこの言葉があったのですが、今日時点では無くなっていました)

Improvise 即興の、間に合わせに作る
quell 鎮める、鎮圧する
patriots 愛国者、憂国の士
administration 管理、行政、当局、政府、内閣

resignation 辞職、 辞任
dispersed 散らす、散乱させる
affirm 断言する、確言する
assume 思いこむ、思う、推測する、仮定する、引き受ける、身につける
 assume office で就任する

condemn 強く非難する
25th Amendment  アメリカ合衆国憲法修正第25条
 amendment 修正(案)
treason 反逆
sedition 扇動
self-coup 自作自演クーデター
coup d'état クーデター,武力政変
impeach 弾劾する

extremism 極端論、過激主義
Constitution 憲法、構成、気質
take office 就任する

最後の方も記述が変わったのか、今時点では確認できない単語が複数ありました。

感想など

内容についての話と、wikipediaについての感想がありましたのでまずはwikiから。

wikipediaについて

・wikipedia 20年の歴史、300か国語だそう
・wikiに寄付している?
-> 参加者の25%は寄付していました
-> 寄付の存在を知らない方も

・ボランティアベースで政治的色合いが無い点は良いが、トップは男性ばかりなので性別的偏りがあるという記事を見かけた
・いつも非常にお世話になってる。知らない場所、歴史的出来事、ニッチ情報などを調べる時に使う

・今回、wikiの使い方で新しい発見もあった。カーソルで画像や説明が出てきたり

・百科事典のようでwikiは好き
 不完全とか間違ってるという弱点については、もう一つ別のものを読むようにしている
 それでも9割方正しいという感覚

・オンライン英会話の際に、先生の国のことをwikiで調べてる

・素晴らしい百科事典
 世界の人が力を合わせて作り上げた知の塊でありがたい。頼りにしてる

・いま書かれていることが明日、来月、将来に変わる可能性。どう変わるか、好奇心がある

追記:ちょうど1/15はwikiが出来た日だそうで、BBCに記事が出てました
https://www.bbc.com/news/technology-55667711

今回のアメリカ議事堂乱入事件について

・リアルタイムでtwitterを見ていたが、突然トランプ周辺の情報が入らなくなった
 
・いまの海外ニュースは半分がコロナ、半分がトランプ
  ワシントンDCの地元タブロイドがあり、ローカル新聞も面白いかもと注目している

・単語が難しくて苦しんだが、他の参加者のサポートで分かった気分になったので満足

・結果、デモクラシーは守られた、という感想
  トランプが出ても、色々あっても、次の大統領にちゃんとなる。酷いことが起きて、世界に報道され、最後はトランプが諦めた

・FBのアカウント数は米国人口より多い。プラットフォームが力を持つ時代

・命を懸けたお祭りなのか?

次回は

次回は2021/1/20水曜19時半です。
図らずもバイデン政権の就任日ですが、時差もあるので読むのは別のテーマにすると思います。
読むサイトは週明けに決めます。

聴いてるだけ、日本語の部分だけ参加、などなど自由ですので皆さまお待ちしております!

イベント詳細・お申込みはこちらからどうぞ
https://www.meetup.com/Language-Exchange-%E8%A8%80%E8%AA%9E%E4%BA%A4%E6%8F%9B-with-%E8%8B%B1%E8%AA%9E-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%AA%9E-Meetup-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E7%A5%9E%E8%B0%B7%E7%94%BA/events/wlxrcsycccbbc/

---
このページはイベントレポート兼、勉強会メモです。参加された皆さんの発言などをまとめて編集しています。
単語の確認は主にhttps://ejje.weblio.jp/サイトを利用しています。
ご意見、ご感想、ご指摘等も頂けますとありがたいです。

-English_TIPS, Event, イベント/記事
-

Copyright© Blue Baobab Africa Online ブルー バオバブ アフリカ オンライン , 2021 All Rights Reserved.