Blue Baobab Africa Online ブルー バオバブ アフリカ オンライン

アフリカや語学、メンタルヘルスなどに興味のあるオンラインの活動体です

AfricaNews イベント/記事

2021年2月4週のアフリカニュース:日本VC投資、コンゴ難民のエジンバラ学長、次世代アフリカン、ナイジェリア経済好調、ジハーディスト対話、伊大使コンゴで襲撃

投稿日:

2021/2/17-2021/2/23に取り上げたアフリカ最新ニュースです。

Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

この週はポジティブめの話が結構ありまして
日本のベンチャーキャピタルがアフリカのスタートアップに投資していくという話、
コンゴから難民としてイギリスに渡っていた弁護士がエジンバラ大学の学長に就任する話、
タイム誌の次世代リーダー100人リストに入ったアフリカンの話、
コロナと原油ダメージを受けていたナイジェリア経済が案外良かったという話など。

過激派で荒れるサヘル地域ではジハーディストとの対話をしようという話、
イタリア大使がコンゴで襲撃されて死亡した話は日本でも報道されてました。

#アフリカ 797 2021/2/17
【日本のVCがアフリカスタートアップに1500万ドル投資】

日本のVCが紹介されてました。もとリープフロッグベンチャーズの寺久保さんという方。
アフリカのスタートアップに投資、アフリカからアジアがつながっていくようです。
アフリカのスタートアップもVCも伸びていく余地は沢山ありそうですね
---
・アフリカのアーリーステージのスタートアップへ投資するベンチャーキャピタル、Uncovered Fund
 ・1500万ドルのファンドを立ち上げ、6月末まで

・東京を拠点に2019年に寺久保拓摩氏が立上げた
 ・Leapfrog Venturesの前CEO、サムライインキュベートと共同ファンドも
  ->ケニア、ウガンダ、ルワンダ、南ア、ガーナ、ナイジェリアのスタートアップ向けに450万ドル調達
  10以上のスタートアップに出資
  
・前のファンドを離れた理由は明らかではないが、Uncovered Fundはより長期的支援に
  日本企業の成長にも

・ケニア、ナイジェリア、南アで小売り、フィンテック、ヘルステック、ロジ、MaaS(モビリティサービス)、アグリテック、スマートシティなどにフォーカス予定

・現在はケニアのECプラットフォームSky Garden、ヘルステックのRxAll、フランス語圏向けモビリティGozem、
 ケニアフィンテックLipaLater、ナイジェリアデジタル輸送のSEND Technologiesの5つを支援

・アフリカからアジアにかけての市場で共同開発したい

Japan’s Uncovered Fund launches $15M fund to back early-stage startups in Africa
https://techcrunch.com/2021/02/15/japans-uncovered-fund-launches-15m-fund-to-back-early-stage-startups-in-africa/

#アフリカ 798 2021/2/18
【コンゴ難民の人権派弁護士がエジンバラ学長に】

コンゴから政治難民として英国に渡った人権派弁護士がエジンバラ大学の学長に任命されたという話。

凄いのですが、こうやって海外で活躍する人のほとんどが裕福な家庭、エリート家庭出身な気がしますね。それぞれ苦労されててハードワーカーなんだろうと思いますが、生まれつく家という最初の一歩で明暗が分かれるような。
---
・人権派弁護士のDebora Kayembeさんが英国でも評価の高いエジンバラ大学の学長に任命された
 ->初の黒人、女性としては3人目

・コンゴのキンシャサ生まれの45歳、2011年からスコットランド在住

・裕福な家庭に生まれ育ったが、19歳の時にキンシャサのスラムで社会の不平等に直面
 ->キンシャサで法学士を取り、NGO、UNで働き、国際法の専門家に
 
・コンゴ戦争時の虐殺について調査、状況が悪化し2005年イギリスへ避難民として渡る

・語学にも堪能でフランス語、リンガラ語、Kikongo、スワヒリ語を話し、アフリカ難民の通訳翻訳の仕事、会社設立も

・2020年、Black Lives Matterの動きとあわせ、スコットランドでもキャンペーン開始

・2021年初の黒人女性、初のアフリカ人移民としてエジンバラ大学の学長に任命される
 ->エジンバラ大学はQS大学ランクによると欧州で5位、世界でも20位
 ->イギリスの大学でも寄付金が多く、ケンブリッジ、オックスフォードに次いで3番目
 ->過去にはウィンストン・チャーチル首相、ゴードン・ブラウン首相などがいる
 
・学長として人種差別、多様性促進、高等教育アクセスへの不平等などに取り組む

DRC: Meet Debora Kayembe, new rector at University of Edinburgh
https://www.theafricareport.com/66197/drc-meet-debora-kayembe-new-rector-at-university-of-edinburgh/

#アフリカ 799 2021/2/19
【タイム誌の次世代リーダー100人リストのアフリカン】

タイム誌の次世代リーダー100人にアフリカ系の人が何人か入っているという話。
活動家系の人が多いですが、ミュージシャン、俳優も。
ちょっと面白いと思ったのは、リストに分かりやすい肩書や国名の記載があまり無いんですよね。アーティスト、リーダー、というような分類はされてますが、名前と説明文で構成されてます。
ざっと見、日本人の名前はなさそうでした。
⇒訂正:日本の方では鬼滅の刃の作者:吾峠 呼世晴さんが入ってました!

https://time.com/collection/time100-next-2021/
---
・タイム誌の2021 Time100 Next 次世代リーダー100人リストに以下アフリカンが登場

・ナイジェリア系
 ・ナイジェリアのミュージシャンDavido
 ・ナイジェリア系アトランタ育ちの活動家Nse Ufot
 ・サンフランシスコ、ナイジェリアの起業家Olugbenga Agboola
 ・SARS運動でのフェミニスト団体:Feyikemi 'FK' Abudu、Odunayo Eweniyi、Damilola Odufuwa
   ビットコインで寄付募る
 ・活動家で作家 Ijeoma Oluo
 
・南アの建築家 Sumayya Vally
・シエラレオネの政治家 Yvonne Aki-Sawyerr
・ジンバブエ生まれの俳優 Rege-Jean Page
・ウガンダの活動家 Vanessa Nakate

Shining African Stars on TIME's 100 Emerging Leaders 2021 List
https://allafrica.com/view/group/main/main/id/00076852.html

#アフリカ 800 2021/2/20
【ナイジェリア経済 予想外の好調さ】

第4四半期のナイジェリア経済が結構良かったという話。
石油が低迷してどうなることかと心配だったのですが、石油以外の農業、通信セクターの伸びが大きかったとのこと。
さすが逞しくすごい。
---
・ナイジェリア経済は予想外に第4四半期に景気後退から抜け出した
 ->石油生産は低迷だが、農業、通信部門の伸び

・GDPは0.11%成長 第3四半期は3.6%の低下

・石油価格と生産量も今年は増加したが、石油以外のセクターの伸びが良かった

・第4四半期のオイル生産量は156万バレル/日、第3四半期は167万バレル/日
  石油はGDPの10%弱を占め、外貨獲得のほぼ全て、政府収益の半分を占める

・エコノミスト「OPECの石油生産削減の緩和と石油価格上昇が寄与。
 とはいえ、コロナ感染拡大、自国通貨ナイラのデノミ、高いインフレ率、外貨不足は依然としてリスク」

・非石油経済は前年比1.7%の伸び。農業3.4%、通信17.6%の伸び

・中央銀行はインフレ対策で金利を再び上げる可能性

Africa’s Largest Economy Unexpectedly Exits Recession
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-02-18/nigeria-unexpectedly-exits-recession-with-0-11-growth-in-4q

#アフリカ 801 2021/2/21
【マリの計画 ジハーディストとの対話】

久々にマリの話題です。
昨年軍によるクーデターで大統領を追放したマリですが、現在は文民暫定政府。
ジハーディストの活動にも悩まされてるようですが対話を約束と。旧宗主国フランスの強硬姿勢とは対照的。

この辺りもフランス、過激派、政府と入り混じって大変ですよね。
---
・マリの暫定政府は聖戦主義者との対話と段階的選挙を模索すると明言
 ->以前の約束が反故にされる懸念があった
 
・暫定首相のOuane氏「任期終わりまで自由で公平は選挙のために努力」

・昨年8月、軍はケイタ大統領をクーデターで追放 長く続くジハーディストとの対立、汚職への抗議が高まっていた
 ->国際的制裁のプレッシャーで、軍は文官暫定政府に移行
 ->様々な民族がいて、政府は憲法改正と権力の非中央集権化を進めたい
 ->1年半の移行政権の終わりには総選挙も

・しかし改革は進まず、実質は軍人が政権に
・金曜、大統領は改革を進め、民主主義の法に戻すと表明

・ジハーディスト、自営団の存在に悩まされているが、
 2万5千名の軍隊増強と国中への再配置を計画
 
・過激派との調停も目指すが、話し合いを排除した旧宗主国フランスとは対照的
 
・フランスは5100名の兵士をサヘルに派遣している
 マクロン大統領はこれら地域のアルカイダ系過激派を処刑すると述べている

Mali unveils plan for government, pledge jihadist talks
https://www.africanews.com/2021/02/20/mali-unveils-plan-for-government-pledge-jihadist-talks/

#アフリカ 802 2021/2/23
【イタリア大使がコンゴで襲撃され死亡】

日本のヤフーニュースでも見かけましたが、コンゴでイタリア大使が殺害されたそう。
国境近くの荒れた場所のようです。
43歳と若い方のようで残念ですが、いつも市民が沢山殺さててる場所だと思うと命の重さの違いとは、と考えたりもします。
---
・コンゴ民主共和国のイタリア大使Attanasio氏、イタリア人警官、コンゴ人運転手が待ち伏せ襲撃で死亡
 
・ゴマから世界食糧プログラム(WFP)学校の視察で国連護送団で移動中のこと
 7名の護送団はセキュリティの護衛はついていなかった
 ->セキュリティの必要な道だとはされていなかった場所
 
・現時点での犯行声明はない
・襲撃者らは大使から金を奪おうとしたという目撃証言

・ルワンダ、ウガンダとの国境を接するVirunga地域では複数の武装グループが存在
 パークレンジャーの襲撃は何度も起きており、先月も襲撃で8名死亡
 
・国連難民局によると昨年南北KivuとIturi地域では2千人以上の市民が殺害されている

・コンゴ駐在中に殺害された欧州大使はAttanasio氏で2人目

Italian ambassador to DR Congo dies after WFP convoy attacked
https://www.aljazeera.com/news/2021/2/22/italian-ambassador-to-congo-police-killed-in-attack-on-un-convoy

このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース複数サイトから気になるニュースを1つ選んで
自分で日本語で要約して投稿してます。

ニュース鮮度は良いかと思いますが、翻訳間違いや内容間違いを含んでいる可能性があります。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。
記事に対するコメント、ご意見、感想お待ちしてます!元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!
応援はとても嬉しいです。

-AfricaNews, イベント/記事

Copyright© Blue Baobab Africa Online ブルー バオバブ アフリカ オンライン , 2021 All Rights Reserved.