Blue Baobab Africa ブルーバオバブ アフリカ

そろカフェ そろでも。そろりそろりと。そろそろね。Cafe Bar, Gallery, Library & Gathering Place

★久々のトマトとピーナッツバターのカレー(みたいな)Maffe マフェと「バッタを倒しにアフリカへ」★

投稿日:

夏の間止めていたマフェを数カ月ぶりに作りました。

トマトとピーナツバターのカレーみたいなセネガル料理で、夏にはちょっと重い感じがして、夏の間はトマトとチキンの煮込みTyu チュをつくっていました。

で、寒くなってきたので、いい加減に久々にマフェも良いかな、と。

見た目がカレーっぽいので「カレー?」とよく聞かれますが、カレー粉スパイス系は入っていないので、多分カレーの分類では無いと思います。

(カレーの定義が”カレー粉系スパイス”が入っていること、であればですけどね。

先日、当店の珈琲会で「どんぐり珈琲」を見かけまして、「珈琲の定義とは?」という話が出ていましたが、見た目がそれっぽい、ということであれば珈琲でありカレーですw)

そうしたらランチに「マフェ食べにきた。会社遠いけどわざわざ」というお客さんがいらして、ビックリしました。

数か月ぶりに作ったマフェを、偶然今日食べに来た、という初めてのお客さんが。予知能力でもあるのでしょうか。

こちらがmaffe マフェ。まあ確かにカレーみたいですね。

 

そのお客様、アフリカ行ったことは無いけど、「バッタを倒しにアフリカへ」を読んでマフェ食べたくなったんですって。

家でマフェ作ってもらったらしいのですが、イマイチだったと。そこで当店にお越しになったようです。

この本、別のお客さんからも「面白いから読みなよ。セネガルの隣のモーリタニアの話だよ」と言われて
図書館で予約したんですが69人待ち。多すぎ(笑)。

いったいマフェはどんな形で出てくるのでしょうか。気になります。

読めるのはだいぶ先になりそうですが、待ちます。。

本はこちら:アマゾンでもベストセラー一位ですって。カテゴリが「昆虫学関」とニッチ感はありますが、レビューも100件くらい付いてる。人気ですね。

追記:著者の前野ウルド浩太郎さんにメッセージ送ったら返事が返ってきてビックリ。お店に遊びに来てくれるといいなー。

-Blog, Shop info

Copyright© Blue Baobab Africa ブルーバオバブ アフリカ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.