Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ

東京タワー前、路地裏に隠れてるカフェ。 異国の空間でコーヒーの香りと共に 少しの時間ホッとしませんか。アフリカとメンタルヘルスなど。

AfricaNews イベントスケジュール/ブログ

2021年3月2週のアフリカニュース:砂漠の音楽フェス、南アで偽コロナワクチン、南アのワニ逃亡、豪華列車旅、失われた帝国アクスム、ソマリア初の女性タクシー、コートジボワールのコウモリの役割

投稿日:

2021/3/3-2021/3/9に取り上げたアフリカ最新ニュースです。

Twitter(@BlueBaobabBar)や
Facebook(https://www.facebook.com/cafebarbluebaobab/)でアフリカ記事をほぼ毎日ひとつ紹介していまして、そのまとめです。

この週は図らずも南アフリカの話が3つと多めでした。

インターポールによって偽のコロナワクチンが南ア、中国で押収された話、
クロコダイルの養殖場から何匹か分からないほどのクロコダイルが逃げた話、
コロナ禍でも豪華ブルートレイン列車の旅。

その他はカルチャー寄りの話で
マリの砂漠島での音楽フェスの話、
エチオピアの昔のアクスム王国の話、
コートジボワールのコウモリにも役割があるという話、
保守的なソマリアで初の女性3輪タクシードライバーの話など。

#アフリカ 810 2021/3/3
【ニジェール・マリの砂漠の音楽フェスティバル】

マリの砂漠っぽい島での音楽フェスティバル。
動画を見ると異国情緒感と作り込まれていない感じが良くて、行ってみたいなーと思います。
マリの情勢不安のためにフェスティバルが出来てなかったようですが、紛争とか治安ってこういうところにも影響しますね
---
・ニジェール川の島で2回目のAg'Naフェスティバル
  Tamasheq語で文化という意味
  
・マリの首都バマコ近くのTimbuktuティンブクトゥ砂漠近くの砂の島
  プロデューサーの故郷ニジェールにも似ている
  
・音楽ファンや旅行者にも人気があった「砂漠のフェスティバル」の後継版
 マリのミュージシャンが一堂に会する場としても
  南北難民キャンプからも来やすい
  
・世界中をツアーするSonghoy Bluesもティンブクで初のコンサート
 「何年もここでフェスティバルは出来ていなかったから人々は待ち望んでいた。
  ティンブクは音楽のクロスロード」
  
・Tuareg音楽の人気アーティストKader Terhanine「早く平和が戻り、イベントや経済活動が出来るといい」

Niger-Malian Ag'Na Festival brings the best talent to the desert
https://www.africanews.com/2021/03/02/niger-malian-ag-na-festival-brings-the-best-talent-to-the-desert/

#アフリカ 811 2021/3/4
【インターポール:南ア、中国で偽のコロナワクチン押収】

南ア、中国で偽コロナワクチンが押収され、組織犯罪とのこと。
世界で偽ワクチンの犯罪やワクチン強奪犯罪のリスクが高まってるようで、凄い世界になってますね

インターポールと聞くとよく分からないけど「すごい」と思ってしまいます。
---
・国際警察組織のインターポールは水曜、南アフリカと中国で偽のコロナワクチンを押収したと発表

・南アのヨハネスバーグの倉庫では2400回分の偽ワクチン、偽マスクを発見
  中国籍、ザンビア籍の容疑者を逮捕
  
・中国では偽ワクチンを売るネットワークを摘発
  製造工場では80人の容疑者逮捕、3千回分の偽ワクチン押収

・中国政府:「中国政府はワクチンの安全を重要視しており、中国警察はワクチン関連犯罪の帽子と摘発を行っている」

・インターポールは世界でオンライン・オフラインでのコロナワクチンの組織犯罪に注意するよう警告している
 「今回の件は氷山の一角に過ぎない」
 「多くの未承認ワクチンがネットで販売されている。それを購入するのは危険であり、犯罪組織にお金を与えることになる」

South Africa, China seize fake coronavirus vaccines: Interpol
https://www.aljazeera.com/news/2021/3/3/south-africa-china-seize-fake-coronavirus-vaccines-interpol

#アフリカ 812 2021/3/5
【危険なクロコダイル逃げ出す 南ア】

南アの飼育場からクロコダイルがたくさん逃げた話。
フェンスの穴から逃げたクロコダイルを、今までに罠で27匹捕まえたよう。

ただ、何匹逃げたか分からないらしいので、いつまで捜索活動を続けるのか止め時が分からないですね
---
・南アフリカの飼育場から若く危険なナイルクロコダイルが逃げ出した
 ->何匹逃げたかは不明
 ->体長1.2mから1.5m
 
・警察は特別隊を組み捜索にあたる
・飼育係が水曜朝にフェンスの穴に気が付いた

・川沿いに餌とケージの罠を仕掛け、今までに27匹捕獲

Young and dangerous crocodiles on the loose in South Africa
https://www.africanews.com/2021/03/04/young-and-dangerous-crocodiles-on-the-loose-in-south-africa/

#アフリカ 813 2021/3/6
【コロナから逃れて 南アの豪華ブルートレイン】

セネガルが荒れてるようですが、現実逃避に南アの豪華ブルートレイン2泊1600キロ旅の話。

コロナ前の乗客はオーストラリア、英国、日本人が多かったよう。
コロナで外国人が来れなくなって内需向けに半額にしていまは南アの人が乗ってると。そしてほとんどが5,60代白人カップルとのこと。

動画はこちら


---
・南アの豪華ブルートレイン 2泊1600キロの列車の旅
 乗客はコロナ検査を受けた後に乗車
 
・Karoo砂漠を通り、都市プレトリアへ

・コロナ前は南ア市民の乗車はほぼなく、オーストラリア、英国、日本の乗客
 ->コロナでの渡航制限ののち、価格引き下げにより現在は南ア市民の乗客がメイン
 
・南アの医師で乗客「ブルートレインを知ってはいたが乗れなかった。コロナのお陰で可能に」
 ほとんどは5,60代の白人カップルが乗客

・半額に値下げ後でも1500ドル(15万円)。最低月給の4倍
・一生に1度の旅でリピーターはレア

・黒人ウェイターはアパルトヘイト直後、白人のチームでいじめられ苦労した
・マンデラ氏、米国音楽家クインシー・ジョーンズ、英国モデルナオミキャンベルの乗車も

Escape from Covid: South Africa's luxury 'Blue Train'
https://www.africanews.com/2021/03/05/escape-from-covid-south-africa-s-luxury-blue-train/

#アフリカ 814 2021/3/7
【アクスム王国 エチオピアの失われた帝国】

エチオピアの昔の王国アクスムの話。
ペルシャ、ローマ、中国と並ぶ4大大国だという人もいたとか。
画像の植民地以前アフリカの文化マップが分かりやすいです。

それにしても30メートルもの塔を作ったり、栄華を極めたのですしょうが、どの帝国も最後は衰退して消えちゃいますね。今の世の中もそのうち消えるのかしら、とか思いますね
---
・エチオピアに100年-940年に存在したアクスム帝国
  ローマ帝国とインド、地中海との交易国で象牙、べっ甲、金、エメラルドなどを輸出

・ペルシャ、ローマ、中国と並ぶ4大大国だった時期も

・言語的には複数言語のミックスで、独自のアルファベット ゲエズ文字が発達
・多神教でユダヤ教だったが後にキリスト教を受け入れ

・素晴らしい遺跡が今も残る
  当時33メートルの高さの塔など
  
・6-7世紀には衰退し始め、住民は奥地への移動を強いられる
 ->イスラム帝国に押され、交易の利益を失い衰退へ
 ->多くの人口を抱え、食料生産のための土壌が大規模に侵食するなども
 
・最後の王はザグウェ朝に負けた
 しかしアクスム文化の影響は別の王朝の建築に残っている

The Kingdom of Aksum  Africa’s lost Empire
https://www.heritagedaily.com/2020/03/the-kingdom-of-aksum-africas-lost-empire/119720

#アフリカ 815 2021/3/8
【ソマリア初の女性3輪バイクタクシー】

ソマリア初の女性タクシードライバーの話。
タイトルの「rickshaw」って日本語の「人力車」から来てる言葉のようで驚き。動画を見ると人力ではなく、3輪バイクタクシーのことのようです。

保守的な国でもどんどんこう女の人が働く流れになってるんでしょうね。
28歳で子供が5人いて夫がいなくなるという状況もこういう国では多そうですが、それも変わっていくんでしょうね
---
・Saynabさんは初の3輪バイクタクシー運転手、28歳
・保守的なソマリアでこの職業は長らく男性のものだった

・「男性が出来る仕事は何でも女性も出来ると思ってます」

・5人の子供を抱え、夫が逃げたので10か月前にやむなく始めた仕事
 「頼る人もおらず、子供のために働いています」
 
・苦労も多い。家に居るべきだと非難する男性もいる
・ドライバーは治安部隊に殺されたり、アルシャバブに誘拐されたり、自爆テロに巻き込まれたり
 ->治安のため政府が道路を封鎖したこともあり、ドライバーらには経済的打撃

・女性利用者には人気
・治安が悪いので避けている場所があり、夜の営業はしない。「強盗されたり殺されたりするから」

・検問所では女性であるメリットも「兵士に止められることはない」

・男性の同僚「他の女性ももっと働くといいと思う、誰かに頼るんじゃなくて。若い男性にも仕事はあると伝えたい」

Meet Mogadishu’s first female rickshaw taxi driver
https://www.aljazeera.com/features/2021/3/7/saynab-abdikarin-mogadishus-first-female-rickshaw-taxi-driver

#アフリカ 816 2021/3/9
【コートジボワールのコウモリの役割、しかし危機に瀕する】

セネガル情勢に赤道ギニアの大爆発と心配事は多いですが
コートジボワールのコウモリの話。

コウモリといえばウィルスを運ぶ悪者みたいなイメージが付いてしまいましたが、
全てのコウモリが悪い訳ではないんでしょうね。
騒音や糞害で人間には嫌がられても、花粉や種を運ぶという生態系での役割があるとのこと。確かに。
---
・毎日アビジャンでは夕方に何千ものコウモリが空を埋め尽くす

・15年前は100万匹、最近は激減。絶滅の危機
 ->都市化による木々の減少、密猟のため

・鳴き声がうるさかったり、糞で通行人や車が汚れることで人との共存は難しい
 また病原菌、ウィルスを運ぶという懸念も。特にエボラやコロナで懸念高まる
 ->実際にはこのコウモリPlateau batsで病気が広がった記録はなく、
  2014年のエボラの際もそういった証拠は出なかった
  
・一方でコウモリを食用にも
 ->学校や企業が休みの週末に密猟され、市場に出回る
 
・科学者は政府にコウモリ保護を訴えている
 ->この土地のシンボルであると共に、多くの植物の受精にも一役買っている
 「果物を食べ、飛行中にその種を糞としてばら撒く。花についても同様で蜂のような働きも」
 ->環境生態系の維持に重要な役割

Ivory Coast's Plateau bats are key to the environment but under threat
https://www.africanews.com/2021/03/08/ivory-coast-s-plateau-bats-are-key-to-the-environment-but-under-threat/

このアフリカニュース投稿について。
だいたい毎日、英語のアフリカニュース複数サイトから気になるニュースを1つ選んで
自分で日本語で要約して投稿してます。

ニュース鮮度は良いかと思いますが、翻訳間違いや内容間違いを含んでいる可能性があります。
主に自分のアフリカ情報収集と英語訓練目的で、多少皆さんのアフリカ情報のお役に立てればと思っております。
記事に対するコメント、ご意見、感想お待ちしてます!元記事のURLも貼っているので翻訳に対する指摘も歓迎です!
応援はとても嬉しいです。

-AfricaNews, イベントスケジュール/ブログ

Copyright© Blue Baobab Africa ブルー バオバブ アフリカ , 2021 All Rights Reserved.